【鉄道撮影紀行】「SL人吉」 ~SLに乗って桜を満喫~

【鉄道撮影紀行】「SL人吉」 ~SLに乗って桜を満喫~
  • 日本の春を代表する花、桜。

    今回の舞台は、日本の中で、最も早く桜の中を疾走する、JR九州・肥薩線の「SL人吉」です。

    通称「川線」とも呼ばれる肥薩線ですが、特に八代駅~渡駅間では、熊本を代表する河川・球磨川と並行して線路が続いており、春になると桜の花が随所で咲き誇ります。

    また、「SL人吉」は他のSL路線と比べて、停車時間が長い駅が多いことも特徴。

    今回は、往路・復路共に乗り鉄情報をリポートすると共に、停車中でも撮影できるスポットを紹介していきたいと思います。

【SL登場~出発まで】

  • 今回の旅の起点は、熊本県のターミナル駅である熊本駅。

    9時30分頃、SLと客車をけん引したDL・DE10形が入線してきました。

  • 発車を待つSL 8620形(通称ハチロク)58654号機。

    国産初の旅客用SLであり、本機は435番目に製造されました。製造は大正11年(1922年)で、日本各地を走るSLの中では最長寿の車両です。

    発車までの間、最初の撮影タイムです。

  • 客車は3両編成。

    先頭車両と最後尾車両の車端には、ガラス張りの展望スペースが確保されています。真ん中には、子供用のかわいい木製椅子も。

  • 開店前の2号車カフェ。

    プラレールをはじめ、商品が所狭しと積み上げられています。

【人吉へ向けて出発!】

  • 9時45分、8620形独特の甲高い汽笛を合図に、定刻通りに熊本駅を発車しました。

    新八代駅での短時間停車を経て、10時30分に八代駅到着。36分の発車まで撮影タイムを楽しめます。

  • 八代駅発車後、まずは進行方向右手側に球磨川が見えてきます。

  • だんだんと山深くなってきました。

    球磨川の色は、山の緑を映したかのようなエメラルドグリーンです!

  • 坂本駅での短時間停車の後、列車は球磨川第一橋梁を通過します。

    球磨川第一橋梁を通過後、今度は進行方向左手側に球磨川が見えます。

【木造駅舎と桜、そしてSL】

  • 11時18分、白石駅に到着です。

    ここでは23分の発車まで、5分間の停車時間があります。

    まずはSL降車側ホームから撮影。

  • SL前方の線路を渡り、反対側ホームから撮影。

    車両後方の桜とセットで撮ることができます。

  • 白石駅には、明治時代からの木造駅舎がそのまま現存しています。

    ノスタルジックな雰囲気を味わえることでしょう。

  • 白石駅発車後、今度は11時38分に一勝地駅に到着し、48分まで10分間停車します。

    白石駅と同じく、下車側ホームからの撮影の他、反対側ホームからの撮影も可能です。

  • こちらもレトロ感が漂う木造駅舎です。

    なお一勝地駅では、その名前にあやかり、「まずは一勝を」という意味での必勝祈願のお守りを購入できます。

【人吉駅到着】

  • 一勝地駅出発後は、渡駅での短時間停車を経て、12時9分に終点・人吉駅に到着します。

    なお、途中の西人吉駅付近には、進行方向左側に線路に沿って桜並木があり、SLが桜の中を疾走する姿を撮影できる、全国的に有名な撮影地があります。

  • 人吉駅では、整備のために機関車庫へ移動するまで、およそ20分間停車します。

    そのため、あらゆる角度からの撮影を満喫することができます。

  • 12時30分頃、SLは整備のため、客車と共に一旦人吉駅を離れ、バック運転で車庫に向かいます。

    その際、駅のホーム端から撮影。国内唯一の現役石造車庫と共にモノクロで撮影。往年を彷彿させる写真となりました。

  • 機関車庫にて、石炭補充及び整備を行い、復路に備えます。

    雰囲気を出すため、ここもモノクロで撮影。

【しばし休憩】

  • 機関車庫から線路を挟んだ場所には、「人吉鉄道ミュージアム」が併設されています。

    人吉駅出発までの時間、子供たちが中の遊具で遊べる他、SLを上から撮影したり、備え付けのテーブルで昼食をとることができます。

  • SLが石炭・水を補充している間、筆者もしばし昼食タイム。

    満開の桜の下で、熊本駅で購入した駅弁「鮎屋三代」(税込1,250円)を頂きます。

  • 「鮎屋三代」の中身。

    球磨川名物の鮎は甘露煮にしてあり、頭から尻尾まで、全部食べられるほどの柔らかさです。ただ、これで1,250円は、ちょっとお高めという感じです。

【方向転換】

  • 14時頃、機関車庫の横にある転車台を使い、SLは熊本方面へ向きを変えます。

    今回は転車台から西人吉方面へ、100mほど離れた踏切付近から、200mm望遠レンズを用い、SLと桜、転車台を交えた写真を撮影しました。

    なお、転車台にはすぐ近くまで近づくことができ、間近でSLが回転する様子を見ることもできます。

  • 同じ踏切付近からは、人吉駅へ移動するSLと客車を撮影することもできます。

【いざ熊本へ】

  • 復路の「SL人吉」は、14時38分に人吉駅を出発します。そして渡駅での短時間停車の後、14時57分に一勝地駅到着。往路と同じく、ここでも10分間停車しますので、撮影やお守り購入の時間として最適です。

  • 運転室内の投炭風景を撮影。

    出発が近づくと大量の石炭を釜に投げ入れ、発車時に必要な蒸気を作ります。

【桜とのコラボ撮影】

  • 一勝地駅出発後は、15時22分に白石駅到着です。

    ここでは8分間停車しており、その間に人吉駅行の普通列車とすれ違います。

  • 下車側のホームからは、向かいのホームの桜とSLを絡めた写真を撮ることができます。

  • 反対側のホームからも、桜とSLを絡めた写真を撮ることができます。

    ピントを桜に合わせるか、SLに合わせるかも、撮影における楽しみの一つです。

【最後の長時間停車】

  • 白石駅出発後は、15時57分に坂本駅に到着です。

    往路では短時間の停車でしたが、今度は特急「かわせみ やませみ」との待ち合わせのため、16時8分まで11分間停車します。

  • この季節、坂本駅でのSLは、側面が西日で照らされます。

    ここが最後の長時間停車となるため、黒光りするSLを、しっかりと撮っておきたいところです。

【そして終点・熊本駅へ】

  • 坂本駅出発後は、八代駅・新八代駅共に、停車後すぐの発車です。

    西日に照らされながら、2号車カフェスペースにて、車内販売の「晩白柚子(バンペイユ)サイダー」で喉を潤します。

  • そして17時14分、列車は復路終点の熊本駅に到着です。

    右横には一足先に到着した「特急 A列車でいこう」が停まっています。

    夕陽を浴びた2車両を撮影。

  • 「SL人吉」で桜を巡る旅、いかがでしたでしょうか?

     

    熊本県では「SL人吉」の他にも、

    ・特急 かわせみ やませみ(熊本駅~人吉駅)

    ・特急 A列車で行こう(熊本駅~三角駅)

    ・熊本市電(市内を走る路面電車)

    等、様々な鉄道を楽しむことができます。

     

    それでは、よい「鉄分」を!

     

    撮影・文章 南谷信仁

  •  

- おすすめレポート -
Recommended

青春18きっぷ 東京から仙台・秋田へ行くときに利用するポイント

【どっちを選ぶ?】大阪と名古屋の移動は新幹線派?近鉄特急派?

- 人気レポート -
Popularity

青春18きっぷ 東京から仙台・秋田へ行くときに利用するポイント

【どっちを選ぶ?】大阪と名古屋の移動は新幹線派?近鉄特急派?

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビュー】ホテルウィングインターナショナル下関 ツインルーム

【トレインビュー】ルートイン青森駅前 ツインルームから青い森鉄道を楽しむ!

【トレインビュー】ホテル阪神大阪から梅田貨物線を楽しむ!

【トレインビュー】グリーンホテル博多2号館 シングルルーム

More
<