railway spirits 鉄道魂は鉄道ファンが集う日本一を目指すポータルです。あなたの人生に「鉄分」を・・・
  • アイコン:ico_twitter
  • アイコン:Facebook

鉄道レポート

てつたま(鐵道魂)スタッフとてつたま会員の方々が渾身を込めて鉄道に関する事をレポートした「鉄道レポート」を毎月掲載します。てつたま会員に入会してレポートを投稿しませんか?興味深いレポートの投稿をお待ちしております。


鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2017 レポート その1

  • 2017年5月27日(土)に「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2017」が開催されました。
    このイベントは、JR東日本が毎年開催しているイベントで当日は大宮駅周辺が鉄道一色に染まるお祭りです。会場は大きく4つに分かれ「車両センター会場」「西口まちなか会場」「東口まちなか会場」「大宮駅構内会場」となっています。

  • 9:20からは、大宮駅構内会場で『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』所属の『鈴川絢子』さんや『えんにち』の皆さんなどによるオープニングセレモニーが行われました。その後、埼玉大学のアカペラサークル『CHOCOLETZ(チョコレッツ)』の皆さんによるコンサートが開催され、大宮駅構内会場は、盛大に盛り上がりました。

  • 大宮駅構内会場では、他にもNゲージのジオラマ展示や鉄道風景写真展など、さまざまなイベントが行われていました。

  • 子供たちの塗り絵コーナーも大盛況! そして、車両センター会場へ移動。
    車両センター会場に向かう途中の「JACK大宮南側広場」では、E5系の中でピョンピョンできる遊具の設置があり、お子さんに大人気でした。

  • そして、いよいよ車両センター会場へ。

    大宮総合車両センター

    大宮総合車両センターは、埼玉県さいたま市大宮区錦町にある東日本旅客鉄道大宮支社の鉄道工場である。日本貨物鉄道大宮車両所が構内にあるほか、下部組織としてさいたま市北区に車両基地の東大宮センターが存在する。

    所在地: 〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区錦町1017
    電話: 048-664-0049

  • そして、いよいよ車両センター会場へ。

  • 会場入口近くのテントでは、JR東日本各支社が熱心に地元のPR。
    まるでデパートの物産展のようで、関東以北をまるごと楽しむことができました。

  • 今回、JR発足30周年ということで神田神保町のカレーの名店「エチオピア」が限定300食でチキンカリーを販売。更に寝台列車「北斗星」のピンバッジのおまけ付き。これは、真っ先に食べないと…。ということで美味しくいただきました。これが目当ての来場者もたくさんいたようで早々に売り切れになったようです。

    約700人が同時に食事できる大食堂もほぼ満席の大盛況!
    このほかにも“懐かしの食堂車のカレー”やアイスなどさまざまなメニューが用意されていました。

    お腹いっぱいになったので、資料館へ移動。

  • ここ、大宮車両センターの資料館では、マニア垂涎の貴重品が盛りだくさん!
    これらが見られるだけでも「来てよかった!」と思うのではないでしょうか。

  • ヘッドマークやブレーキ弁の展示。

  • 蒸気機関車の製造方法や設計図など貴重な資料。

  • Nゲージの運転操作は子供たちに大人気!

  • 巨大なHOゲージのジオラマも迫力満点!

  • 機関車の運転台は子供たちの順番待ちでいっぱい。

  • 高所作業車に乗って架線点検体験!
    「将来、こんな仕事がしたい!」って思ってくれるといいですね。

  • モーターや床下機器も間近に見ることができます。
    マニアには、もうたまりません。

  • パンタグラフの昇降体験や方向幕の操作体験など、大人でもやってみたいですね。
    しかし、主役はあくまで子供なのでガマンガマン…。

  • こんな小さい子でもキップを購入して、自動改札を通れちゃうんです!

  • な、なんと! 鉄道ファンでなくても楽しめちゃうんです!

    もう、ここは子供たちにとって天国ですね!

  • いつの時代も不動の人気のミニSL! 乗りたい!

    「うーん、子供しか楽しめないんじゃないの?」と思った、そこのアナタ!
    よ~く考えてみてください。ここは大宮車両センターなんです。
    そこら中にゴロゴロと…

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2017 レポート その2へ 続く 》

フェイスブック
ページトップ
ツイッター