フルーティアふくしまでフルーツ三昧の旅【食事編】

フルーティアふくしまでフルーツ三昧の旅【食事編】
  • 今回ご一緒したアテンダントはこちらの

    とっても笑顔が素敵なお二人。ホスピタリティもすばらしいものがありました。

  • 基本的にスイーツはアテンダントが席まで持ってきていただけます。

  • そしてスイーツはこんな感じ。福島県産のフルーツを使用。

  • 今回は「柿」でした。

  • 福島県産 柿とカスタードクリーム。

    パイ生地の上にクレーム・ダマンドをのせ、福島県産柿の味を損なわないように甘さを調整したカスタードクリームと生クリームでふんわり仕上げた一品。

  • それともう一品は

    福島県産 柿のオペラ風

    こちらはサクサクのパイ生地とココアスポンジの上に流し込んだガナッシュクリームに金粉を吹きかけ上品にアレンジ。

    どちらも大人の味わいで美味しくいただきました。

  • しかし、これだけではありません。前回のレポートでお送りしたカフェカウンター車両でのドリンクの車内販売がオススメなんです。

  • 今回は

    地ビールのリンゴとモモ、そして奥の松純米大吟醸のスパークリングをチョイス。


  • フルーツビールはそれほど甘くなく進む味であります。

    スパークリングはとってもフルーツに合いますな。

  • ちなみにアイスコーヒーとアイスティーは飲み放題ですよ。

  • そしてお土産に「桃100%ジュース」をいただいてご馳走様。

  • いかがでしたか?

    これだけのゆったりした空間とローカル線の車窓に、美味しいスイーツとアルコール。

    そしてアテンダントのホスピタリティ。

    とても癒される列車でありました。

    ぜひ皆さまも機会がありましたら乗ってみてください。

    というわけでよい「鉄分」を!

    車両編はこちら。

  •  

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【祝!令和元年】GWの長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューホテル】ホテルリソル函館から函館市電を楽しむ。

【トレインビューレストラン】ホテルメトロポリタン丸の内「テンクウ」でまさに東京駅の天空のディナーを楽しむ!

「津山まなびの鉄道館」で扇形機関車庫を堪能 岡山

【駅弁番外編】かけはし 松山店のうどんを車内持込で楽しむ

More
<