SLばんえつ物語 車両レポート

SLばんえつ物語 車両レポート
  • さて、最近ではチケットが取れない観光列車として有名になりつつある「SLばんえつ物語」ですが2018年は4月から運航開始予定とのことで、そろそろ旅行の準備をしている方も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は「SLばんえつ物語」の車両を紹介していきます。

●2号車・3号車・5号車・6号車 普通指定席

  • 通常はこちらの指定席を皆さん購入すると思います。4名掛けのボックスシートであります。

  • 窓側には大きめのテーブルがあります。たくさん飲んだり食べたりする方は窓際だと便利です。

  • ちなみに通路側にも小さなテーブルが出せるようになっております。

  • ボックス席ですべてテーブルを出すとこんな感じで使うことができます。

●1号車 オコジョ展望車両

  • そしてお子さま連れで乗車される方に大人気の車両がこちらのオコジョ展望車両。

  • 奥には展望室もあります。会津若松方面に向かう場合は蒸気機関車の真後ろになるのでこんな感じで楽しむことができます。

  • その他にも図書コーナーや、

  • ボール砂場もあります。

    ですので小さなお子さま連れで利用される場合はオコジョ展望車両まで近い2号車の指定席を取っておくことをオススメいたします。

●5号車 売店

  • 5号車には普通車指定席の他に売店が併設されております。

     

  • 売店にはお弁当やビール、日本酒、

  • さらに、オリジナルグッズまで売っているので、事前に買い込まなくても充分に楽しむことができます。

●4号車 展望車

  • そして展望車。外観からも隣の普通車と比べて窓が大きいのがわかります。

  • 車内はこのように窓を向いた座席があるエリアと、

  • スタンディングで楽しめるエリアがあります。

  • そしてカタログやスタンプ台、ポストもあります。もちろんポストは稼動しておりまして投函することが可能です。

●7号車 グリーン車

  • そして最後に紹介するのはこちらのグリーン車。この車両が「SLばんえつ物語」の人気を不動のものにしたといっても過言ではありません。

  • 車内は「レトロ調大正ロマン」のイメージを継承し、

    シートは2列+1列の3列シート。回転式リクライニングシートでシートピッチも在来線特急のグリーン車なみ。

     

  • そしてこちらがグリーン車に奥にある展望室。この開放感がすばらしいですよね。人気になるのもわかります。

  • ちなみに展望室には「SLばんえつ物語号」のギャラリーもあります。

  • 補足ですが、7号車の座席、展望台、ギャラリーとも、グリーン車の乗客専用ですので、この車両を堪能したい場合はグリーン車のチケットを取らなければなりません。料金は普通車だと520円。グリーン車だと1,670円。その差額が1,150円。これだけの差額でグリーン車に乗ることができるのも魅力ですね。

    いかがでしたか。次回は実際に乗車した際の食事レポートをお届けします。

    というわけで、よい「鉄分」を!

  •  

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【Go To トラベル】高知1泊2日で9,000円以下? 「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」号に乗るにはJR四国ツアーがお得!

志国土佐 時代の夜明けのものがたり 車両レポート JR四国

【トレインビューホテル】サヤンテラスから外房線特急「わかしお」を楽しむ。

五能線 リゾートしらかみ 橅編成の旅

More