SLばんえつ物語 乗車レポート

SLばんえつ物語 乗車レポート
  • さて、前回の

    SLばんえつ物語 車両レポート

    に続いて今回は乗車レポートをお届けします。

    今回利用したのは新潟発、会津若松行き。

    ※今年の春から新潟駅改良工事に伴い、新津駅発着になることが発表されております。

  • まずは新潟駅で駅員の皆さんのお見送りを受けて出発であります。

  • そして発車後は早速売店に直行。

  • まずは生ビールからスタート!新潟限定ビール「風味爽快ニシテ」であります。1杯500円。

  • 続いて日本酒に突入するのですが、

    新潟は酒処というわけで日本酒が充実。これだけのラインアップが売店にあります。

  • おすすめはこちらの呑み比べセット。地酒を3種類選んでおつまみがついて1,250円。

  • 今回は鶴亀、麒麟、栄川の3種類をチョイス。

  • おつまみは鮭の焼付け。こちらがまた絶品でありました。

  • そして向かいに偶然座った小学生が「SLばんえつ物語号」のプラレールを持ってきていたので、そのプラレールと車窓を堪能しながら、地酒とおつまみをいただくわけです。

  • ちなみに缶ビールは地元のエチゴビールと、サッポロビールの新潟限定ビール「風味爽快ニシテ」もありました。

  • そして津川駅では15分停車。そろそろお昼ご飯タイムであります。

  • 今回ははSLばんえつ物語弁当(1,000円)と、SL浪漫弁当(1,080円)をチョイス。

  • SLばんえつ物語号のお弁当の中身はこんな感じ。イクラと鮭が上に乗った炊込みご飯。

  • そしてSL浪漫弁当はこんな感じ。こちらはちらし寿司ですな。

  • ちなみにSL浪漫弁当にはこういったペーパークラフトが入っているのも楽しみの一つだったのですが、昨年末で販売を終了してしまったようです。残念。。

  • その頃車内では各車両ごとにじゃんけん大会が開催されまして、

  • 勝ち残るとこういった車内でしかもらえないオリジナルチャームがもらえます。

  • そして列車は野沢駅、

  • 山都駅に停車して、

  • 定刻に会津若松に到着。新潟から会津若松まで約4時間。あっという間のたびでありました。

     

  • いかがでしたか?

    4時間と聞くと最初は長いかなあと思っていたのですが、

    美味しいお酒と車窓とおつまみとお弁当と車内イベントがあると、あっという間の時間でありました。

    皆さまも機会がありましたらぜひ楽しんでみてください。

    というわけでよい「鉄分」を!

  •  

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【0系新幹線】JR四国が誇る鉄道ホビートレインに乗車してきた

【新登場!】土讃線赤いアンパンマン列車に乗ってきた

【大井川鐡道】機関車トーマスを楽しむための4つのポイント

大井川鐡道車両紹介 旧東急、旧近鉄、旧南海からきかんしゃトーマスまで

More