【岡山⇔高松】マリンライナーのパノラマグリーン車に乗って瀬戸大橋を堪能!オススメ席は1C1D!

さて、瀬戸大橋をわたって岡山と高松を結ぶ路線を走る列車として「快速マリンライナー」があります。

この列車での一番のオススメシートを早速見ていきましょう。

マリンライナーの座席紹介

マリンライナーは岡山から高松に行くときは先頭車、高松から岡山に行くときは最後尾が2階建て車両になります。

そして、併結している1階建て車両はすべて自由席。

こちらはリクライニングがない2名掛けのシートですね。

一方2階建て車両には、「指定席」「グリーン席」「パノラマグリーン席」の3種類があるわけです。

1階部分が普通車指定席。

こちらは停車中だとホーム面がちょうど目線の高さになります。

そして2階席はグリーン席。シートも豪華になってますね。

そして一番のオススメはこちらの「パノラマグリーン席」。

運転席のすぐ後ろの2名+2名のわずか4席しかないシートになります。

ちなみにこの車両には1席+1席のエリアがあって、

こちらは車椅子を利用の方と一緒に乗ることができるスペースになります。

ちなみにこの車両についているトイレも車椅子対応になります。参考にしてくださいませ。

パノラマグリーン席の中でのオススメはどこ?

さて、パノラマグリーン席ですが、改めてみると向かって左手の1A席1B席が右手にある1C1D席より高い位置にあるのがわかります。

そうなんです。運転席側の1A1B席は運転手越しでも見やすいように少し段差があって高い位置にシートがあるんですね。

ただ、それでも1A1Bから前方をみるとこんな感じ。

これが1A席。

これが1B席ですね。やはりちょっと視界が遮られますね。

これに対して1Cと1D側はこんな感じ。非常に見やすいですね。

ちなみにパノラマグリーン席はリクエストしないと指定しませんので、

岡山から高松に行く際には

「パノラマグリーン車の1Cか1Dをお願いします」

ときちんとお伝えして取るようにしましょう。

ちなみにシートには小さなテーブルがあったり、

寒い季節はブランケットの用意もありますよ。

参考までに瀬戸大橋を渡るシーンを動画でもお届け。

というわけで、あっという間の高松到着。

いやー、これは天気の良い日だととても楽しめる列車ですね。

参考にしていただければ幸いです。

というわけでよい「鉄分」を!

その他のグリーン車レポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

志国土佐 時代の夜明けのものがたり 車両レポート JR四国

【トレインビューホテル】サヤンテラスから外房線特急「わかしお」を楽しむ。

五能線 リゾートしらかみ 橅編成の旅

リゾートしらかみ橅編成を家族で利用するなら、ボックス席でフルフラットになる1,2,8,9番がおすすめ!

More