【トレインビューホテル】静鉄ホテルプレジオ博多駅前から鹿児島本線や九州新幹線を楽しむ!

激戦区の博多駅前トレインビューホテルですが、また一つ最強トレインビューホテルがオープンしておりましたので、そちらをレポート。静鉄ホテルプレジオ博多駅前であります。

フロントや、

ロビーもモダンな感じ。

無料のコーヒーサービスもあります。

そしてチェックイン後、エレベーターを利用して、

5階へ。

今回は508号室にアサインいただきました。

静鉄ホテルプレジオ博多駅前のお部屋レポート

静鉄ホテルプレジオ博多駅前はビジネスホテルですが、シングルルームにもこうして140cm幅のダブルルームが入っており、ゆったりと寝ることができます。

テレビとデスクもコンパクトにまとめられております。空気清浄機も完備。

そしてもう一つの特徴はバスルーム。

ビジネスホテルには珍しく、ちゃんと洗い場つきのバスルームがあります。

続いて、トレインビューに重要な窓を見ていきましょう。

今回は508号室でしたがこちらに面している部屋ですとほぼすべての部屋でトレインビューを楽しむことができます。

部屋からはこうしてベッドの足元に線路が見えます。

さらに足元から窓があるので、小さなお子さまでもこのようにトレインビューを楽しむことができるのも大きなポイント。

さらに窓もこうして少しだけ開くので撮影も可能ですし、電車の走行音も楽しむことができます。

静鉄ホテルプレジオ博多駅前からのトレインビューレポート。

九州エリアの大動脈に面しているため、この写真のように鹿児島本線と九州新幹線がひっきりなしに通ります。

また、奥の九州新幹線が一段高い位置を走行するため、より見やすくなっております。

JR九州が誇る特急列車もほぼすべて楽しめます。

ソニックや、

白いかもめ、

ゆふいんの森号など。

そして新幹線も九州新幹線N700系や、

500系までさまざまな車両を楽しむことができます。

そして大動脈ならではのコラボショットもたくさん楽しめます。

500系と普通列車、

800系と787系、

ソニックとハウステンボス、

白いかもめとみどりとN700系新幹線、

みどりと500系、

ゆふいんの森号とみどりと普通列車、

タイミングが合うとこうして4編成同時に楽しむことも出来ます。

トレインビューホテルは全国にあれど、これだけの車両が窓から覗き込まなくても部屋でくつろぎながら楽しめるというのは珍しいと思います。ここはとてもオススメですね。

部屋から以外にもトレインビュースポットがたくさん!

ちなみに、ホテルと線路がこのように隣接しているので、

フロントがある2階からも、

1階の入り口からもこのように「トレインビュー」を楽しむことができますよ。

いかがでしたか?参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

ホテル名 静鉄ホテルプレジオ博多駅前
見やすさ ★★★★☆ 足元から窓があるので窓のほうを向くだけで楽しめます。
撮りやすさ ★★★★☆ 窓が少しだけ開くのでそこから撮影が可能です。
列車の種類の豊富さ ★★★★☆ 博多駅を発着する鹿児島本線や九州新幹線を楽しむことが出来ます。
部屋の快適さ ★★★★☆ シングルルームでもダブルベッドが入っているのでゆったり出来ます。
ファミリーorビジネス ビジネス、カップル、子ども連れ等におすすめ。
おすすめルームタイプ シングルルーム(5階線路側)がおすすめ。
ホスピタリティ ★★★★☆ フロントの方の応対はとても心地よい応対でした。
住所 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目17-6
予約・
お問い合わせ
092-451-2800

その他の九州エリアのトレインビューホテルレポートはこちら。

その他の全国のトレインビューホテルレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【祝!令和元年】GWの長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューホテル】ホテルリソル函館から函館市電を楽しむ。

【トレインビューレストラン】ホテルメトロポリタン丸の内「テンクウ」でまさに東京駅の天空のディナーを楽しむ!

「津山まなびの鉄道館」で扇形機関車庫を堪能 岡山

【駅弁番外編】かけはし 松山店のうどんを車内持込で楽しむ

More
<