特急白いかもめ グリーン車レポート JR九州 885系

今回のグリーン車レポートはJR九州の特急列車の中でも人気の高い885系。「白いかもめ」という名前で愛されております。

こちらも先頭車両の中間地点にドアがあり、

半分はグリーン車、半分は指定席と分かれております。

入り口はバリアフリー仕様。

そしてグリーン車は仕切りドアがあり、デッキからは中が見えないようになっております。

そしてグリーン車の車内がこちら。これは1次車で黒色の本皮シートになっております。

(ちなみに2次車はエンジ色です。)

そしてヘッドレスト部分にかもめのロゴが小さく入っております。

席は2列+1列なのですが、2名席側でも1席ずつ独立した構造。

なので座席を回転させると、このようになり、

テーブルの配置がとても個性的なことが分かります。

それぞれ独立しているため、こうして1席だけ回転することも可能。

運転席側の最前列のみ、こうして大きなテーブルがついいております。

ちなみにコンセントは窓際にあります。

そして前面展望もしっかり。今回は夜間の利用だったのですが、それでもこうして対向車のライトも見ることができます。

この車両は「コックピット感」が強いですね。

なので、運転席側ですと前面展望はほぼ望めませんので、前面展望を希望される場合は2名掛け席をお勧めいたします。

いかがでしたか。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他のグリーン車レポートはこちら。

その他の特急列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

JRE POINTステージは意識して貯めなくても「ステージ2」まで達成することが出来ますが、それより上を目指すには意識して利用しないと達成できません。

「市川ママ駅」の母の日イベントに参加してきた。

More