飯山線観光列車「おいこっと」に乗って、のんびりローカル線の旅

JR東日本の飯山線を走る観光列車、「おいこっと」はキハ110系車両を改造した2両編成の列車です。(1両で走る場合もあります)。

その個性的な車両を見ていきましょう。さっそく始発駅の十日町駅から乗り込みます。

 

車内:古民家風の落ち着いたデザイン。

車内は子どものころ、遊びに行っていたおばあちゃんの家のような、懐かしさ、楽しさを感じさせる「古民家」風のこころ落ち着く内装デザインというコンセプトだそうです。

確かにどの席もぬくもりが感じられますね。車端部分はペアシート、

そのほかに4名席のボックスシートと、

2名席の対面シートがあり、どの席でもテーブルが設置されております。

そのほかにもスタンプ台や、

バリアフリーのトイレもあります。

外観:かやぶき屋根の民家をイメージ

外観は「ふる里」や「おばあちゃんの家」を連想する茅葺き屋根の民家の襖や障子などをイメージした外観デザイン。

よく見ると「ウサギ」や「川」、「小鮒」という、唱歌「ふるさと」の歌詞に合わせたアイコンがデザインされております。

車内にも歌詞とアイコンがあるので、家族で唄いながら探すのも良いかもしれませんね。

そして車両アイコンは「ゆきんこ」をイメージしたぬくもりあるデザインになっています。

おもてなし:車内販売で楽しいひととき

車内には「おいこっと あてんだんと」と呼ばれるとっても素敵な女性が乗務してます。

笑顔がとても素敵でした。写真撮影等のお手伝いや車内販売もしていただけます。

車内販売のメニューはこちら。

上りと下りによっておもてなしが若干違うようです。

私が乗車した列車では、内山紙のおいこっとオリジナルしおりをいただくことができました。

飯山駅や森宮野原駅では15分から20分ほど停車しますので、周辺を見て回ることもできますよ。

そして無事に長野駅に到着。あっという間の約3時間の飯山線の旅でした。

いかがでしたか。

ぜひ週末には飯山線観光に来て見ませんか。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の観光列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

志国土佐 時代の夜明けのものがたり 車両レポート JR四国

【トレインビューホテル】サヤンテラスから外房線特急「わかしお」を楽しむ。

五能線 リゾートしらかみ 橅編成の旅

リゾートしらかみ橅編成を家族で利用するなら、ボックス席でフルフラットになる1,2,8,9番がおすすめ!

More