【JR九州】787系のDXグリーン車、個室グリーン車徹底レポート

さて、787系には2種類あって

通常グリーン車と自由席が併設された編成と、

1号車がまるまるグリーン車になっている編成があります。

主に6両編成もしくは7両編成の787系で使用されており、「にちりん」「かもめ」「かいおう」「きりしま」等九州の主要特急で使用されております。

こちらの車両は普通のグリーン車両ではなく、なんと3種類のグリーン車があるんです。

グリーン車が3種類あるのは、JR東日本のサフィール踊り子等一部の列車しかありませんが、

JR九州ではたくさん乗車する機会があるんです。

さっそく見ていきましょう。

通常のグリーン車のレポート

こちらは2列+1列。

リクライニングもしっかり。

テーブルは袖から引き出すスタイルです。

そしてそのグリーン車の先にパーテーションで仕切られたたった3席の至福の空間があるんです。

DXグリーン車のレポート

こちらが3席しかないデラックスグリーン車。

まず、気づくのは前後のシート間隔がとても広いということ。

2列席は中央にテーブルを配置。ここから引き出すこともできます。

コンセントは1席に2か所あるというぜいたくなつくり。

そしてシート間隔の広さはこのボタンにありました。

なんと140°超のリクライニング。これだけ倒れるシートはJRの中で最高ランクであります。

もちろん電動リクライニングですよ。

そのほかに専用のハンガー等も設置されております。

ちなみに今回は宮崎空港と延岡で利用したのですが、通常のグリーン料金は1,050円。

DXグリーン車は1,630円と約1.5倍の料金になります。まあこれだけの差額であればDXグリーン車はおすすめですよね。

さらに個室グリーン車も設置!

さらにお勧めのグリーン車がこちらの通路にあるんです。

それが、こちらのグリーン車個室。

こちらは3人掛けのソファと、

1名掛けのリクライニングシートが1席。定員は4名です。

照明のボタンと、トイレが使用中かどうかも室内で分かります。

そして中央にはテーブルがあり、

広げるとこれだけの大きさになるので、みんなでお弁当を持ち込んで楽しむことが出来ます。

ハンガーラックもついておりました。

そして何よりこの席のメリットはこの車窓をグループで独占できるということ。

こちらの個室はグリーン料金2人分をお支払いすれば1人でも利用可能です。

というわけで、

デビュー時にはブルーリボン賞も受賞した車両は30年近くたってもそのクオリティを維持しておりました。

ただ、当時と違って車内販売がないので、グリーン車でゆったり楽しむのでしたら、食べ物や飲み物を事前に買って乗車することをおすすめしますよ。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他のグリーン車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューレストラン】Konel (コーネル)で美味しい料理と埼京線を堪能!

在りし日の2000系「南風」グリーン車レポート

【JR東日本】「駅からハイキング」に参加してみた!

【ご存知でしたか?】東海道線と横須賀線・総武快速線は「通し」でグリーン券を購入することが出来ます。「途中下車」も可能!

More