特急 はやとの風 おすすめ席レポート JR九州

鹿児島中央と吉松間を結ぶ、「特急はやとの風」ですが2両編成で運行しております。

こちらも1号車と2号車ではレイアウトが違うので早速体験してきました。

1号車のおすすめ席レポート

1号車はすべて指定席になります。

1号車だけある側灯も情緒感たっぷり。

基本は2名掛けリクライニングシート。

中央には展望席もあります。こちらは自由に使えるエリア。

展望スペースは外から見ると窓が広く取ってあるのがわかります。

そして2名利用ですと、こちらがおすすめ。5列のABCD。

理由はこうして前方にテーブルがあるので、広く使うことが出来ます。戸袋にさえぎられないのもこの席のおすすめポイント。

ただし吉松方面に向かう場合になります。鹿児島中央方面に向かう場合は進行方向が逆になりますのでご注意ください。

自由席を利用するのであれば2号車

続いて2号車。

こちらは側灯がありません。

その代わり自由席エリアがあります。

自由席も戸袋がある席とない席がありますので、ゆったり景色を楽しみたい方は早めに席を確保することをお勧めいたします。

ちなみに1号車の車端部はフリースペースもありますよ。

1号車の指定席エリアですが、こちらも展望スペースの隣の席はこうしてテーブルがあるのですが、

窓が少々狭いのが難点です。

ちなみにそれ以外の席は1号車2号車ともこうして中央の肘掛から引き出すテーブルを使用します。

もちろん1号車同様2号車もリクライニングはしっかり。

さらにちなみに回転して4人で使用することも可能ですよ。

「はやとの風」で一番のおすすめは1号車1番と2番

そして1番のおすすめは1号車の1番と2番です。

こちらの席だけ唯一ボックス席になっており、中央にテーブルがあるんです。

4名もしくは8名で利用するのであればこちらが一番お勧めです。

車端にあるので、ほかの方に気兼ねすることなく楽しむことができますよ。

さきほど紹介した通常の席を回転させて使う4人席とは雰囲気がだいぶ違いますよね。

いかがでしたか?

これから乗る方の参考になれば幸いです。

●おまけ:トイレはバリアフリー

赤ちゃんのおむつ替えベッドもありますよ。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の観光列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューホテル】ホテルサンワードから志布志線を楽しむ

九州新幹線「つばめ」車両レポート

【トレインビューホテル】福井マンテンホテル駅前から北陸本線を楽しむ

幕張車両センター見学ツアー体験レポート 時をかける列車

More