サフィール踊り子 プレミアムグリーン車体験レポート

JR東日本が満を持して東海道線に投入した新型車両、サフィール踊り子号ですが、

その豪華さをさっそく体験してきました。

普通車はなく、すべてグリーン車。

サフィール踊り子は8両編成。

そのうち4号車カフェテリア車を除いてすべてグリーン車であります。

まずは8号車から5号車のグリーン車を見てみましょう。

車内は2列+1列。

リクライニングはこの角度。読書灯も完備。

そして一席ずつコンセントもあります。

また、5号車の車端には車いすの方と一緒に旅行を楽しめるスペースもあります。

もちろん5号車のお手洗いは車いすでもそのまま利用できる広さですよ。

このグリーン車でのオススメは何といっても上りの列車の8号車の最前列。1A1Bの2名席と1Cの1名席ですね。

こうして先頭の展望を楽しむことができます。

ただ、ほかの展望車両と違って、テーブルをつけるための仕切りがあり、

展望を楽しむには少し背伸びする姿勢になります。

そして、各車両には大きなラゲッジスペースが設置されております。スーツケースも楽々ですね。

グリーン個室完全復活!2号車3号車

さて、スーパービュー踊り子にあった個室のグリーン車ですが、時代の流れとともに淘汰されてきましたが、ここにきて四季島等の豪華観光列車の成功もあり、グリーン個室専用車両が2両もついております。

4名席の個室と、

6名席の個室。

もちろん窓は海側に向いております。

そしてこの車両ではカフェテリアのヌードルが出前可能。

扉を開けなくてもこちらのスペースに出前が提供されるスペースがあります。

通路側からみるとこのような感じですね。

室内にはもちろんコンセントも完備。

ただ、人気の座席なので1か月前に予約することをお勧めします。

現在は一般発売で3号車個室(6名×2部屋、4名×2部屋)が発売され、

2号車(6名×2部屋、4名×2部屋)はびゅう商品専用のようです。

なのでどうしても個室を利用したい場合は「びゅう」商品を予約するのも一考ですね。

JR初登場!プレミアムグリーン車は1号車

今回のサフィール踊り子号のもう一つの目玉はプレミアムグリーン車であります。

グリーン車の横にダイヤモンドのマークがついてます。

車内はなんと1名+1名の2名席が10列のみ。

リクライニングはもちろん電動。

リクライニングを倒しても、

カウル上になっているので後ろの方に迷惑は掛かりません。

そして2人で少しだけ向かい合わせにしたり、海側に向けたりすることもできます。

もちろん読書灯や、前の席の下に足を伸ばせるスペースもあります。

このプレミアムグリーン車の圧倒的一番人気は何といっても最前列の1Aと1B。

今回は上り利用だったので最後尾でしたが、

こうして回転させて流れゆく車窓を楽しむこともできますよ。

いかがでしたか。

伊豆旅行に行く際にはリニューアル踊り子と合わせて、サフィール踊り子も楽しんでいただければと思います。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

リニューアル踊り子号のレポートはこちら。

その他の特急列車のレポートはこちら。

その他のグリーン車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

志国土佐 時代の夜明けのものがたり 車両レポート JR四国

【トレインビューホテル】サヤンテラスから外房線特急「わかしお」を楽しむ。

五能線 リゾートしらかみ 橅編成の旅

リゾートしらかみ橅編成を家族で利用するなら、ボックス席でフルフラットになる1,2,8,9番がおすすめ!

More