【トレインビューホテル】ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄 からゆいレールの俯瞰を堪能!

沖縄でゆいレールのトレインビュー を楽しめるホテルはいくつかありますが、

ハイアットーリージェンシー 那覇 沖縄 はこの高台に立つ立地を活かして、他のホテルとは違った景色を楽しむことができます。

入り口にはハイアットリージェンシー のロゴがお出迎え。

ロビーも天井が高く、明るく開放的な雰囲気です。

ハイアットリージェンシー 那覇 沖縄 のお部屋レポート

今回、ご案内いただいたお部屋が1716号室。

リージェンシースイートツインになります。

部屋はリビングルームとベッドルームが仕切ることができる作りになっており、

リビングルームもゆったりとした空間が広がります。

洗面台も2つあるので、朝の忙しい時にも重宝します。

アメニティもラグジュアリーブランドが用意されておりました。

そしてベッドルーム。

こちらのベッドで横になりながらトレインビュー を楽しめる贅沢を味わうことができます。

ハイアットリージェンシー 那覇 沖縄 からのトレインビュー レポート

前述したようにこちらのホテルは少し高台にありますので、トレインビュー のみならず沖縄の街が一望できます。

リビングルームからも

こうしてカーブを曲がってくるゆいレールを堪能。

そして先ほどのベッドルームからは、

牧志駅に停車中のゆいレールを楽しむことができます。

 

もちろん窓自体がとても大きく、見晴らしも良いので、

ベッドルーム、リビングルーム問わずトレインビュー を楽しめるのも大きな特徴ですね。

クラブツインからもトレインビュー を堪能!

そして違う部屋タイプもご紹介。

今回はクラブツインルーム。

こちらはツインルームですが、広くてゆったり使うことができます。

ベッドの上のアートワークも印象的。

そして窓際にはトレインビュー を楽しむためにちょうどよいソファも設置。

こちらからも那覇市街が一望できます。

こちらは15階からの長めになりますが、カーブでの走行シーンも堪能できます。

このソファでくつろぎながら楽しむひとときは至福そのものですね。

Regency Club Lounge(リージェンシークラブラウンジ)からもトレインビュー を堪能!

そしてクラブフロアにステイした際に利用できる、最上階に位置するラウンジが

Regency Club Loungeになります。

こちらの窓からも、

那覇市街を一望でき、

牧志駅や、

ゆいレールを楽しむことができますよ。

いかがでしたか。

那覇市内ではこれ以上ないゆいレール俯瞰を楽しめるホテルです。

ぜひ機会がありましたら泊まってみてはいかがでしょうか。

というわけでよい「鉄分」を!

その他の九州エリアのトレインビューホテルレポートはこちら。

全国のトレインビューホテルのレポートはこちら。

ホテル名 ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄
見やすさ ★★★★☆ この俯瞰でゆいレールを楽しめるのはこのホテルだけ
撮りやすさ ★★★☆☆ 高層階のため窓は開きません
列車の種類の豊富さ ★☆☆☆☆ 眼下を走るゆいレールを見ることができます。
部屋の快適さ ★★★★★ 部屋も広くて快適そのもの
ファミリーorビジネス ファミリーからビジネスまで楽しめます。
おすすめルームタイプ リージェンシースイートツインもしくはクラブツイン
ホスピタリティ ★★★★★ ハイアットリージェンシークオリティを堪能できます。
住所 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目6-20
予約・
お問い合わせ
098-866-8888

 

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューホテル】アド街でも絶賛!箱根ゆとわで箱根登山鉄道を楽しむ!

ゆうゆうアンパンマンカーは子どもに大人気の列車! 利用方法から楽しみ方までを解説 JR四国

【駅探訪】内房線経由と外房線経由、どちらで行く?和田浦駅散策

【トレインビューホテル】ホテルニューオータニ幕張から京葉線を楽しむ

More