東海道新幹線新型車両N700Sは「ひかり」や「こだま」でも乗車可能です!

今年の7月にデビューしたN700Sですが、実は日によっては「ひかり」や「こだま」での運用に回る日もあるんです。

こちらの写真は「ひかり」運用で出発待ちのN700S。

さらに今回は「こだま」を狙ってN700Sに三島駅から乗車してきました。

普通車はシートが改善。

まずは普通車から。車内に入ると明るい雰囲気になっているのがわかります。

まずは窓側からチェック。

賛否両論あった、窓側の送風口が無くなっていました。デザイン的には航空機の窓に近くなった気がします。

また、リクライニングもすこし改善。こうしてリクライニングすると、

座面も後方が少し沈む設計になっております。

また、全席にコンセントが付きました。

そして車端上部にあるパネルもフルカラー液晶になり見やすくなっておりました。

これから運用を開始する特大荷物スペースのエリアもしっかり表示があります。

もちろん4名席だけでなく、

6名席も回転させることが出来ますよ。

さらに細かいところでは荷物をかけるフックが付いたりと、細かい改善が図られております。

グリーン車も快適そのもの

今回はグリーン券も購入してグリーン車も体験してきました。

こちらも大きな変化はリクライニング時。

リクライニングすると、座面が沈み込む構造になっております。

そして電源コンセント、

読書灯、

フットレストはN700Aから踏襲しておりました。

いつもは「のぞみ」を利用する機会がおおい東海道新幹線ですが、N700Sの快適性をゆったり楽しむには「こだま」に乗るのも良いですね。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の新幹線のレポートはこちら。

 

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューホテル】アド街でも絶賛!箱根ゆとわで箱根登山鉄道を楽しむ!

ゆうゆうアンパンマンカーは子どもに大人気の列車! 利用方法から楽しみ方までを解説 JR四国

【駅探訪】内房線経由と外房線経由、どちらで行く?和田浦駅散策

【トレインビューホテル】ホテルニューオータニ幕張から京葉線を楽しむ

More