【トレインビューホテル】星野リゾート OMO5東京大塚の都電ルームから「さくらトラム」を楽しむ!

星野リゾートの都市観光ホテル「OMO」ですが、OMO5東京大塚では都電ルームという、鉄道好きなファミリーにとってもオススメの部屋があります。

先日利用してきたので早速レポートをお届けいたします。

OMO5東京大塚のお部屋レポート

今回は606号室の「都電ルーム」というお部屋。

室内はロフトタイプになっていて、

階段をあがるとベッドがあるので1階のリビングではまったりと過ごすことが出来ます。

そして室内には「都電ワールド」が展開されております。

階段下に収納されているマグカップは、

都電のイラスト。

室内には子ども向けに電車の絵本もありました。

そしてリビングエリアにもたくさんの鉄道グッズが盛りだくさん!

窓側にはBRIO。

その下にあるクッションにも都電がデザインされております。

また、つり革や押し釦、都電の車両ラインアップも掲示されております。

さらに制帽をかぶって記念写真を撮ることができたり、お土産のクリップをいただくことが出来たりと、部屋の中がこんなに都電の世界を体現しているホテルは他にありません。

OMO5東京大塚のトレインビューレポート

さて、窓からは東京さくらトラム(都電荒川線)を見ることが出来ます。

ちょうど子どもが窓際に座ってBRIOで遊びながらのぞき込むことができるスペースがあるので、この場所に居座って楽しんでおりました。

また東京さくらトラム(都電荒川線)は車両カラーがそれぞれ違うので、

ずっと見ていても飽きないのが良いですね。

子どもと一緒に

「次は何色が来るかな?」

と想像しても楽しいですよね。

OMO5東京大塚には他にも「鉄道を楽しむ」仕掛けがいっぱい!

ちなみに都電ルームに宿泊しなくてもOMO5東京大塚にはたくさんの仕掛けがあります。

まずはこのロビーの奥にあるテラス席。

ここに出ると山手線と東京さくらトラム(都電荒川線)を両方見ることが出来ます。

一方でカフェスペースの手前には喫煙コーナーも兼ねたテラスがあり、

こちらからは東京さくらトラム(都電荒川線)を見ることが出来ます。

さらにロビーの大きなテーブルにはBRIOもあり、

チェックインやチェックアウトの手続きの間に子どもを遊ばせておくことが出来るのもうれしいポイント。

実はこのBRIOは、子どもの遊具としての機能だけではなく、カフェ席のソーシャルディスタンスを保つため機能も果たしているとのこと。

たしかに無機質なパネルで遮るより、都電の街らしい装飾としてBRIOを置いてあるほうが、

利用する方も楽しいですよね。

そして一番のオススメコンテンツはご近所アクティビティ。

「OMOレンジャー」といわれるガイドさんに案内されて近所を散策するプラン。

今回は

【ガイドツアー】下町の雰囲気が残る大塚で、都電を見つける朝のお散歩

というツアーに参加してきました。

こちらはなんと無料なんです。

散歩は約1時間くらい。

途中は山手線と都電のニアミスや、

都電を間近に見ることが出来たり。

その他にも絶景おすすめスポットにもご案内してくれますよ。

そこからの景色はぜひ参加して確認してみてくださいね。

そして何より

スタッフの皆様のホスピタリティがとても素晴らしく、また来たいと思えるホテルでした。

いかがでしたか。

今週末はぜひ大塚に泊ってまったりとしてみませんか。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

OMO5東京大塚の「都電Roomステイ」について詳しくはこちら。

その他の関東エリアのトレインビューホテルレポートはこちら。

全国のトレインビューホテルはこちら。

ホテル名 星野リゾート OMO5東京大塚
見やすさ ★★★☆☆ 窓際に寄ると眼下に東京さくらトラム(都電荒川線)が見えます。
撮りやすさ ★★☆☆☆ ガラス越しの撮影になります。
列車の種類の豊富さ ★☆☆☆☆ 東京さくらトラム(都電荒川線)を見ることが出来ます。
部屋の快適さ ★★★★☆ 部屋には楽しい仕掛けがいっぱいでした
ファミリーorビジネス ファミリーやカップルにおすすめ
おすすめルームタイプ 都電ルーム(606号室)
ホスピタリティ ★★★★★ さすが星野リゾートのクオリティと感じるおもてなしでした
住所 〒170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目26-1
予約・
お問い合わせ
0570-073-022

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューレストラン】Konel (コーネル)で美味しい料理と埼京線を堪能!

在りし日の2000系「南風」グリーン車レポート

【JR東日本】「駅からハイキング」に参加してみた!

【ご存知でしたか?】東海道線と横須賀線・総武快速線は「通し」でグリーン券を購入することが出来ます。「途中下車」も可能!

More