【JR四国】伊予灘ものがたり 車両レポート

JR四国の「ものがたり」シリーズの第一号として登場して以来、

根強い人気を誇る「伊予灘ものがたり」。

今回は人気の要因の一つでもある車両をレポートいたします。

1号車:「茜の章」

1号車は「茜の章」。外観は茜色の車両になります。

 

車内レイアウトはこのようになっております。

車内の全景はこのような感じにレイアウトされており、山側は一段高い位置に席が配置されています。

伊予灘の絶景を望む海向き展望シートと、

食事を楽しみながら歓談できる4名様用ボックスシート、2名様用対面シートがあります。

2名用対面シートは手前は通常のテーブル席ですが、

奥の2名席、7CDと8CDの席は和座椅子の畳席になっているので、椅子席ながら靴を脱いでくつろげる仕様になっていて、「和」のテイストが感じられる車両になっていました。

2号車:「黄金の章」

続いて2号車。「黄金の章」になります。外観はその名の通り黄金色。

入り口は茜色のじゅうたんがお出迎え。

全体レイアウト図はこのようになっております。

2号車にはカウンターと、

その奥に、海向き展望シート、4名様用ボックスシート、2名様用対面シートがあります。

こちらの奥にはディスプレイもあり、伊予灘ものがたりの車両を華やかなものにしております。

ちなみにこちらの車両には2名様対面シートに畳敷がある席はありません。

4名席はこのように折り畳みになっており、

食事をするときには広げて広く使うことが出来ます。

おすすめ席は1号車7CDか8CD

今回乗車して感じたことはどの席でも楽しめるということ。

なので、座席による優劣はあまりないように感じました。

そのなかでも希少席としてのおすすめは1号車の7CDと8CD。

前述しましたが、伊予灘ものがたりの編成の中で2席4名分しかない、

畳敷のある「和」テイストの席です。

特に7CDは最後尾にあるので、ほかの方もあまり通らないので、エクスクルーシブ感を楽しむことができますよ。

ただ、重ねて申し上げますが、どの席でも「素敵なおもてなしの旅」ができるのが

「伊予灘ものがたり」の素晴らしいポイント。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の観光列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューレストラン】グランドニッコー台場 The Grill on 30thからゆりかもめを楽しむ

【予土線3兄弟】JR四国の海洋堂ホビートレインは楽しい仕掛けがいっぱい!

【総武線】小岩駅と亀戸駅間を並走する越中島支線を知っていますか?

【競合路線終電比較】JR東日本、大手私鉄、東京メトロが1月20日からの終電繰り上げを一斉発表!品川横浜間はどうなる?

More