【神速運行再開】2月13日深夜に起きた大地震の後でも20分後に運転再開する京成電鉄

市川市船橋市が停電でも踏切は稼働する京成電鉄

2021年2月13日23:08頃に発生した、福島県沖を震源とする最大震度が震度6強の地震では、千葉県内も震度4を観測し、その影響で、京成本線が走る、市川市と船橋市が停電になりました。この停電は翌午前2:00まで続き、京成中山駅付近の通りもこのように真っ暗な状態でありました。

ですが、京成本線は別電源が供給されており、駅も踏切も明るい状態。

そして地震発生から約20分後には運転が再開されておりました。

周囲が真っ暗な状態でも安全を確認しながら走る姿は「地域の足を守る」という信念すら感じさせるものでした。動画でも撮影してきましたのでご覧ください。

そしてこの裏側には保線員のたゆまぬ努力があると思います。

京成本線での保線員の作業風景

運転手や車掌と比べて、あまり目立たないかもしれませんが、個人的にはこういった人たちを応援したいなあと思います。とくに京成本線は京成電鉄車両だけでなく、京急や都営浅草線も乗り入れており、複雑なダイヤの合間をぬっての作業になるわけです。

動画でも撮影してきましたのでご覧くださいませ。

普段から安全に乗車することができることに感謝申し上げます。

これからも陰ながら応援しております。

- おすすめレポート -
Recommended

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【みどりの窓口廃止】2025年までに70%廃止!既に廃止された駅はどうなっているのか?

【トレインビューホテル】ザ グランドパレス徳島から高徳線・徳島線を楽しむ

【速報】JR東日本で予定されていた5月7日(金)の間引き運転は中止になりました。

【JR四国】今年もアンパンマン列車スタンプラリーがパワーアップして開催中です!

More