リゾートやまどり・那須野満喫号のおすすめは2号車! JR東日本 485系

リゾートやまどり(485系)の先頭車両

近年は毎年この季節に運行されることが多い、臨時快速「リゾート那須野満喫号」ですが、今年は485系の「リゾートやまどり」で運行されました。

このリゾートやまどりは車内がとても個性的なのですが、その全貌をさっそくレポートいたします。

座席は2列+1列のゆったり仕様

こちらの「リゾートやまどり」は臨時列車として「快速」で運行される場合が多いのですが、車内は特急列車のグリーン車を凌駕するゆったり仕様。シートは2列1列。

ヘッドレストも大きくて使いやすくなっています。

またフットレストもついているので移動中はとってもくつろげます。

車端部で前方に仕切りがある席でもテーブルとフットレストが設置されておりました。

ただ、中央のひじ掛けは跳ね上げ式ではなく固定式なので、小さなお子様を間にのせて乗車するには不向きかもしれません。

一方テーブルはとても大きく使いやすくなっております。ただコンセントやUSB電源はどの席にもありませんのでご注意ください。

ラウンジスペースが充実

そしてこの列車の特徴はなんといってもラウンジスペースがたくさんあるということ。

まずはこの先頭車両のデザイン。

中から見るとこうして前面眺望がよく、

車端部はこのように誰もが使えるラウンジスペースになっております。

ここからは前面展望が思う存分楽しめます。

ただ、人気の席でもあるので、お互いに譲り合って利用したいですね。

また、中間車両にもこうしてラウンジスペースがあるのも特徴です。

さらに4号車にはキッズルームがあります。こちらは靴を脱いで利用します。

こちらのキッズルーム内では飲食はできません。また以前は貸し出しがあった本やぬいぐるみも撤去されております。

ただ、とっても窓が大きいので、お子様がすれちがう列車を見て楽しむにはとてもおすすめのスペースです。

そして2号車には和ラウンジ(ミーティング室「和」)があります。こちらもフリースペースで提供されているのが嬉しいですね。リゾートやまどりに乗車したらシート以外にもこうしてたくさんあるラウンジでも楽しむことをおすすめいたします。

ちなみに3号車には車いす対応のトイレもあるなどバリアフリーもしっかりしていますよ。

おすすめシートはなんといっても2号車!

そして、前述の2列+1列のシートでさらに快適になる車両があるんです。

それが2号車。

百聞は一見に如かず。下記の写真をご覧ください。シートピッチがこれだけ広いんです。

他の車両も1,200mmあるのですが、2号車はさらに広く1,550mm。

これだけ広いので足を伸ばし放題ですし、リクライニングをしても後ろに迷惑が掛かりません。ただ、広すぎるのでフットレストと背面テーブルがありません。届きませんからね。

その代わりテーブルはサイドから小さなテーブルが出てくるようになっています。

ぜひこのシートピッチも機会がありましたら体験してみてくださいね。

このリゾートやまどりは、「谷川岳もぐら」や「谷川岳ループ」でも使用されますが、その場合も快速運転なんです。

どの列車も人気ですので早めの指定券確保をおすすめいたします。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の観光列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【駅探訪】上越新幹線上毛高原駅構内で地ビールを楽しむ!

大阪モノレールは子ども連れにも優しいシート!

回数券より便利?リピートポイントサービスはエントリー不要!

特急「しまかぜ」最前列プレミアムシート体験レポート

More