【JR四国】特急むろと1号乗車レポート

JR四国の特急「むろと」

JR四国の特急「むろと」はキハ185系2両編成の気動車で運行。地元の皆様の足として活躍中です。ただ、観光客が乗車するには難易度の高い列車の一つです。

それはこの発車時刻。「むろと1号」と書いてありますが、1号の発車時刻は19:33徳島駅発。2019年から午前中の1本がなくなり、この時間帯のみの運行になりました。

日本でも遅くに発車する1号の上位に入ると思われます。ちなみに1号と書いてありますが、現在は1往復のみ。

車内は1両目が一部指定席と自由席。

2両目はすべて自由席です。

リクライニングはこのような感じ。

背面にテーブルがあります。

表示幕ももちろん現役です。

乗降口の「折り畳み式開閉扉」もよい感じ。

トイレは洋式に改装されておりました。

おすすめの席は指定席の進行方向右側の最前列。15AB列AB側が「かぶりつき」を楽しめる席になります。(車両によっては16列が最前列になります)

デッキと車内を仕切る窓越しにこういった景色を見ることが出来ます。CD側は運転席があるので前面展望を楽しむことが出来ません。

上りの「むろと2号」の場合は自由席が最前列になるので、こちらもAB側がおススメです。

そしてJR四国の特急の接続はよく考えられており、当初はお客様がいらっしゃらなかった「むろと」も高松方面から来た「うずしお」が到着すると、「むろと」に乗り換えるお客様ですこしにぎわいました。

今回は阿南までの乗車でしたが、徳島に来たらまた乗りたい特急列車です。

というわけで、良い鉄分を!

その他の特急列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

JRE POINTステージは意識して貯めなくても「ステージ2」まで達成することが出来ますが、それより上を目指すには意識して利用しないと達成できません。

「市川ママ駅」の母の日イベントに参加してきた。

More