西九州新幹線N700S「かもめ」車両レポート JR九州

西九州新幹線N700S「かもめ」

2022年9月23日(金)にオープンした西九州新幹線。さっそく武雄温泉から乗車してきました。

博多駅発着の「リレーかもめ」とは同じホームで乗り換えができます。

そして「かもめ」とご対面。

横には「かもめ」のロゴ入り。

最後尾は「目が赤いかもめ」ですね。

ライトの周りにも「KAMOME」のロゴ入り。

そして車内は自由席と指定席で違います。

自由席は3席+2席。

指定席は2席+2席になります。

また、指定席は車両によってシートカラーが違います。

テーブルはひじ掛けから出るスタイルですね。自由席と違ってひじ掛けは、跳ね上げ式ではないので、未就学児のお子様連れであれば自由席のほうが使い勝手がよさそうです。

リクライニングはこのような感じ。

心なしか自由席のリクライニングの角度のほうが深く感じました。ちなみに自由席のコンセントはひじ掛けの先端にそれぞれあります。

車端の案内表示も大きくて見やすくなっています。

バリアフリートイレは3号車と4号車の間にありました。

もちろん車いすのままトイレに入ることができます。

とにかく、車内にも、

外観にも、随所にJR九州のこだわりが感じられるデザインでした。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の新幹線のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

JRE POINTステージは意識して貯めなくても「ステージ2」まで達成することが出来ますが、それより上を目指すには意識して利用しないと達成できません。

「市川ママ駅」の母の日イベントに参加してきた。

More