特急「ハウステンボス号」グリーン車レポート 783系 JR九州

783系「ハウステンボス」の外観

JR九州には個性的な特急列車が多く存在しますが、「ハウステンボス」号もその一つ。

一番の大きな特徴がこちらの入口。車両中央部分に入口があり、A室B室と分けられております。グリーン車はそのうちのA室。座席数は4列×3の12席。

早速車内に入ります。

座席は2列+1列。

2名掛け座席の中央のひじ掛けは両隣の方が使ってもケンカにならない幅があります。

1989年にはローレル賞を受賞。

普通席の2列+2列と比較するとゆったり感が違いますね。

おススメはなんといっても最前列。下りの場合、1名掛け席ですと運転手の背中に視界をさえぎられることなく前面展望を楽しむことが出来ますよ。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他のグリーン車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

JRE POINTステージは意識して貯めなくても「ステージ2」まで達成することが出来ますが、それより上を目指すには意識して利用しないと達成できません。

「市川ママ駅」の母の日イベントに参加してきた。

More