青函トンネル入口広場の案内板

青函トンネル入り口広場は、青函トンネルの本州側の入口で、ここから全長53.85キロメートルの世界最長の海底トンネルで北海道と結ばれています。

北海道新幹線の線路をこうして間近で見ることが出来るのが人気の理由。

全体レイアウトはこのようになっております。ちなみに12月末より翌年3月中旬まで冬季閉鎖となります。

青函トンネルと反対側にも、

トンネルがあり、その横には展望台があります。今回は雪のため上ることが出来ませんでしたが、

この展望台から青函トンネルを出入りする新幹線を見ることが出来ます。

また、ピークシーズンには売店も。

その奥にはトイレもあります。今回は閉鎖中でした。

最後にトンネル神社にお参りしておきました。

今回は冬に来たため、新幹線の通過予定時刻と合わず、展望台にも上れませんでしたが、夏に改めて来ようと思った次第です。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他のトレインビュースポットのレポートはこちら。

●青函トンネル入口広場はこちら↓

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

軽井沢から横川駅までの唯一の公共交通機関に乗ってきた。

JR東日本が提供している「Tabi-CONNECT」の回遊軽井沢を使ってみた感想

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

More