津軽鉄道の金木駅から津軽五所川原駅まで乗ってみた。

津軽鉄道の香取慎吾さんのキャンバス列車

津軽鉄道のストーブ列車を楽しんだ後は、

津軽鉄道の「ストーブ列車」はとってもあたたかい列車でした。

金木駅から折り返しの列車に乗って帰ります。

走れメロスのヘッドマークは太宰治の地元ならでは。

店内はボックス席がメイン。

前面展望も楽しめます。

途中は見渡す限りの大平原もあったりと津軽の自然を楽しむことが出来ます。

そして、嘉瀬駅では香取慎吾さんが中心となって描いた「キャンバス列車」も展示されておりました。

前面展望も良ければどうぞ。

というわけで、よい鉄分を!

津軽鉄道の「ストーブ列車」はとってもあたたかい列車でした。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

軽井沢から横川駅までの唯一の公共交通機関に乗ってきた。

JR東日本が提供している「Tabi-CONNECT」の回遊軽井沢を使ってみた感想

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

More