東急東横線の地下化跡の「東横フラワー緑道」を歩いてみた

東横フラワー緑道の線路跡

東横フラワー緑道は、東急東横線の地下化により生じた東白楽駅 – 横浜駅間の線路跡に整備された延長約1.4kmの道と公園です。

途中は線路がモチーフになったデザインの緑道になっています。

2004年2月のみなとみらい線開業に伴い、みなとみらい線と直通運転を行う東急東横線は横浜駅の地下ホームに移設され、そのために、反町駅手前から地下化されました。

その後、横浜市が線路跡を整備して遊歩道にした経緯があります。

遊歩道とはいえ、とても利便性が高いので生活歩道としても重宝しています。

途中にはトンネルもあります。

もともと複線だったトンネルなので、ゆったりした造り。

トンネルをでれば、横浜駅前のビル群が見えてきます。

トンネル区間は6時から21時半にかけて通行が可能なのでそのためのゲートがあります。こちらのゲートを出て、

横断歩道を渡って、

てくてく歩いていくと、

横浜駅前に到着。

線路跡も復元されておりました。

晴れた日には散歩がてら線路跡を歩いてみることをお勧めします。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他のおすすめ旅のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

JRE POINTステージは意識して貯めなくても「ステージ2」まで達成することが出来ますが、それより上を目指すには意識して利用しないと達成できません。

「市川ママ駅」の母の日イベントに参加してきた。

More