最西端の駅を訪ねて【松浦鉄道たびら平戸口駅】 前編

博多駅発6:33発、特急かもめ3号から今回の旅はスタートであります。

今回のグリーン車はこういった席でありました。

JR九州のグリーン車って個性的かつ、金額もリーズナブルなのでオススメです。

そして肥前山口駅で各駅停車に乗り換え。

無事に有田駅に到着であります。さて、前置きが長くなりました。ここからが最西端駅に向かっての本番であります。

で、跨線橋を渡って松浦鉄道に乗り換え。JRではないのですが、改札もホームも共用。

なぜかというと、もともとは国鉄(JR)であり、その後、長崎県・西肥自動車などが出資する第三セクター方式の鉄道会社になった経緯があるからですね。

なので、改札の上にある電光掲示板も一緒ですな。

そしてまずは伊万里駅を目指します。

ちなみに沿線住民からはMRやMR鉄道と愛称で呼ばれていることが多いようです。

1両編成の車内はこんな感じ。

路線図を見てわかるとおり大半が無人駅。その中で7つしかない有人駅のたびら平戸口駅を目指します。

ちなみに鉄道会社全体でも最西端の鉄道会社とPR。ただ沖縄に「ゆいレール」が出来てからは、最西端は厳密には那覇空港駅なのですが、ウィキペディアによると、現在でもたびら平戸口駅を「(普通鉄軌道方式で、全国の各駅とレールでつながっているものでは)日本最西端の駅」であるとしておりと記載がありました。

そうこうしているうちに出発であります。

ワンマン運転ですが、運転者の隣のエリアも立ち入り禁止区域にはなっておらず「鉄ちゃん」に優しいつくり。


なので思う存分「かぶりつき」の写真を撮ることが出来るわけです。もちろん混雑時はゆずりあいのココロが必要ですよ。

なので伊万里駅までかぶりつきを堪能。ここで乗り換えるのですが、ローカル線とは思えない光景が。

なんと伊万里駅の3線ホームすべてにMRの車両が停車。実は早起きして出発したのもこの光景を見たかったから。実に壮観であります。逆「点と線」ですね。

ここからはゆったりとした車窓を堪能。

難読駅名の御厨(みくりや)を過ぎて、

たびら平戸口までもうすぐであります。


そして無事にたびら平戸口に到着。日本最先端の駅へと書いてある看板がとってもいい感じ。

すれ違い待ちの伊万里行き電車もお出迎えしてくれました。

そして、たびら平戸口駅にはもう一つ最西端がありまして、それがこちらの「最西端の鉄道博物館」。これが駅構内にあるんです。しかも無料。

こちらは後編で詳しくお届けします。

というわけでよい「鉄分」を!

 


- おすすめレポート -
Recommended

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【実質無料になるかも!】レール&レンタカーでお得に旅行!

【長寿電車】日本一長く走った電車に会いに行ってきました!

【みどりの窓口廃止】2025年までに70%廃止!既に廃止された駅はどうなっているのか?

【トレインビューホテル】ザ グランドパレス徳島から高徳線・徳島線を楽しむ

More