富山 黒部峡谷トロッコ列車おすすめ車両やオススメ席、おすすめ時間帯ガイド

全国に数多くあるトロッコ列車の中でも、その距離と景観、車両編成等で他のトロッコ列車とは一線を画しているトロッコ列車がこちらの黒部峡谷鉄道のトロッコ列車。

宇奈月駅と欅平(けやきだいら)を約80分弱で結びます。

この80分間というトロッコ列車にしては長い乗車時間があるので、せっかくだったら良い席でよい景色を楽しみたいものです。

そこで、オススメの車両やおすすめの座席の向きを紹介いたします。

おすすめ車両はリラックス車両

黒部峡谷鉄道のトロッコ列車は3種類の車両があります。

まずは普通運賃で乗車できる普通客車。

シートがご覧のようにベンチシートになっておりまして、どの席でも進行方向に向くことができるのが特徴。

横一列4人掛けであります。

通常のトロッコ列車ですと、開放感ある窓の無い車両が特別車両で人気があるのですが、こちらのトロッコ列車は窓がない車両が普通車両になります。

続いて特別客車。窓付きの車両になります。窓はもちろん開閉します。

車内はボックス席になっているので4人グループや8人グループであればオススメの車両です。

ただ、席の向きは固定なので、進行方向と逆側かつ山側に座ってしまうと景色があまり楽しめない難点があります。

続いて特別車両。こちらも開閉可能な窓がついております。

車内は1列に2名席と1名席の3名というゆったりしたつくり。また、シートの背もたれは進行方向に向けて倒すことができるので、行きも帰りも進行方向に向いて座ることが可能です。

オススメの座席は進行方向右側?左側?

トロッコ列車は宇奈月駅を発車したあと、鐘釣駅までは左側の車窓はずっとこんな感じです。

渓谷を見ることができません。

一方で欅平に向かって進行方向右手はこんな感じ。

エメラルドグリーンの絶景が広がります。

ただ、鐘釣駅と欅平駅間では渓谷は逆になりますので、欅平に向かって進行方向左手が渓谷を楽しめるポイントになります。

混雑する時間帯は何時頃?

これはもう圧倒的に午前中が大人気になります。

今回は13時頃に宇奈月駅に到着するトロッコにのって帰ってきたのですが、

すれ違ったトロッコの車両には、

リラックス車両に数人が乗っているだけでありました。

まとめ:トロッコ列車を堪能するならこの席に乗れ!

まずは車両ですが、断然リラックス車両をおすすめいたします。

理由は簡単、80分もの長時間をゆったり座って過ごすことができるから。

さらに宇奈月駅から欅平駅に向かう際にはリラックス車両の13号車は最後尾になります。

つまり去り行く絶景をこのように楽しむことができるわけです。

そしてシートは欅平に向かって進行方向右側がオススメ。途中では新柳河原発電所や、

トロッコ列車ビューとして有名な「ホテル黒部」があります。

こちらはタイミングが合うと、ホテルのスタッフの「お手振り」も見ることができますよ。

ホテル黒部のトレインビューレポートはこちら。

そして時間は極力遅い時間帯を選んでおくのが良いですね。

ちなみに車両は指定されますが、車両内自由席になっておりますので、

右側を選んだり、最後尾を選んだりするのは減速として早い者勝ちであります。

なので、改札20分から30分前には並んで待つことをおすすめいたします。

もちろん帰りの欅平駅からも同様ですよ。

いかがでしたか?

黒部渓谷鉄道のトロッコ列車に乗ってみようと検討している皆様の参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

参考記事一覧

その他の観光列車のレポートはこちら。

【トロッコビュースポット:宇奈月駅周辺】黒部川電気記念館や展望スポットをご案内

【トレインビュー温泉ホテル】ホテル黒部から黒部峡谷を走るトロッコ列車を楽しむ

【トレインビュー温泉ホテル】黒部峡谷フィール宇奈月でトロッコ&トレインビュー&温泉を堪能!

北陸新幹線とトロッコ電車で行く富山・黒部峡谷の旅

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビューホテル】ホテルサンパレス球陽館からゆいレールを楽しむ

【駅探訪】映画「ぽっぽや」の聖地、幾寅駅(幌舞駅)を訪ねて。

【旅するレストラン】西武鉄道「52席の至福」で至福のひととき。

【トレインビューホテル】JRイン旭川から函館本線を楽しむ

More