特急「しまかぜ」は乗るだけで楽しい列車! お伊勢めぐりや賢島観光にどうぞ!近鉄

お伊勢参りや賢島観光に行く際に大人気の列車が近畿日本鉄道の特急「しまかぜ」。

その車内の魅力を早速レポートしたいと思います。

先頭車両の最前列は1番人気!

まずは先頭車両からご紹介。

車内は2列+1列のゆったりとしたシート。

運転席方向をみるとこのように見えます。

最前列の席はこのようにテーブルが固定されております。

そしてここからの眺めが絶景でした。

通常の列車だと運転席側は前面展望が余りよくないのですが、ハイデッカーなので、運転士の後方側の席でもこうして車窓を楽しむことができます。

カップルでゆったり旅行するならプレミアムシート

1号車と6号車の展望車両が取れなくても悲観することはありません。

この「しまかぜ」は2号車や5号車も展望車両と同様にプレミアムシートなんです。

なのでこちらの車内も2列+1列。

そして大きなテーブルがついており、

広げるとこのように使うことができます。

また、リクライニングとフットレストをするとこれだけくつろぐことができ、

その場合は肘掛に格納されているテーブルを使ってくつろぐことも出来ます。

窓は1シート1つあるので、カーテンも回りに気を使うことなく開閉できます。しかも電動。

そしてリクライニングも電動で操作でき、さらにマッサージもついています。

読書灯も完備。いたれりつくせりですね。

もちろん回転して4人で使うことも出来ますよ。その場合はフットレストは使えませんのでご注意ください。

プレミアムシートを使う場合は大きな荷物はロッカーに入れよう

観光列車だけあって、大きな荷物を持って利用する方も多い「しまかぜ」ですが、デッキにはこうして鍵付きのロッカーが設置されております。使用料は無料。大きな荷物をデッキに置いておくのが不安な方には重宝しますよね。ただし数に限りがありますので、利用される場合は乗車したらまずロッカーを確保することをおすすめいたします。

その他にも多目的トイレには

オムツ替え台があったり、

パウダールームがあったりと家族連れや女性に優しい列車になっております。

また、愛煙家には喫煙ルームもしっかり完備しておりますよ。

グループでワイワイするならサロン席!

4名から6名のグループ旅行にオススメなのがこちらのサロン席。1編成につき3シートあります。

大きなテーブルが設置されており、カフェ車両が隣にあるので買いこんでこちらで楽しむことも可能です。

家族連れでプライベート旅行を楽しみたい場合は個室席

そして展望車両と同様に人気があるのが個室席。

和風個室と洋風個室があります。

まずは洋風個室。3名から4名で利用可能。リビングのようにくつろげる雰囲気。

大型のモニターや空調を完備。

大きなモニターには走行映像を映すことも出来ます。

続いて和風個室。こちらは掘りごたつになっており、

靴箱があって靴を脱いで楽しめる席になります。

ちいさなお子様連れであればこちらの部屋が安心ですね。こちらにも大型モニターが完備。

カフェ車両で食事もスイーツも楽しもう!

「しまかぜ」ならではの車両はまだあります。それがこちらのカフェ車両。

2階建てになっておりまして、2階はこのように展望を楽しめるカウンター席。

1階はゆったりくつろぐことができるソファ席になっております。

カウンターでオーダーすると席まで持ってきてくれるのも大きなポイント。

こちらのカフェではスイーツが充実しているのも大きなポイント。女子旅には必須アイテムですね。

オススメは2階席でのビール。

車窓を楽しみながら飲める至福のひととき。

そして、なんといっても一番人気は松坂牛カレー。こちらも美味しくいただきました。

いかがでしたか。

ちなみに賢島駅ですと、時間帯によっては以前に紹介した伊勢志摩ライナーと合わせて、

しまかぜ+しまかぜ+伊勢志摩ライナー+伊勢志摩ライナーの豪華な並びを見ることができますよ。

伊勢志摩ライナーのレポートはこちら。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の観光列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

五能線 リゾートしらかみ 橅編成の旅

リゾートしらかみ橅編成を家族で利用するなら、ボックス席でフルフラットになる1,2,8,9番がおすすめ!

【トレインビューホテル】ホテルサンパレス球陽館からゆいレールを楽しむ

【駅探訪】映画「ぽっぽや」の聖地、幾寅駅(幌舞駅)を訪ねて。

More