【四国鉄道文化館】鉄道歴史パーク in SAIJOは大人も子どもも楽しめる鉄道博物館でした!

四国の中心近くにある西条市には「鉄道歴史パーク in SAIJO」という施設があります。

こちらの施設は大人から子どもまで楽しめる施設になっております。早速レポートをお届けします。

鉄道歴史パーク in SAIJOは大きく分けて4つの建物があります。

鉄道歴史パーク in SAIJOですが、有料の施設が、

四国鉄道文化館の北館と、

南館、

無料の施設が、十河信二記念館と、

観光交流センターになります。

有料の北館と南館は当日は何度でも出入り自由の共通券が販売されております。

さっそく各館のレポートをお届け。

北館は新幹線とディーゼル機関車の展示。

こちらの建物には初代新幹線0系とDF50形ディーゼル機関車「1号機」が展示。

どちらも室内に展示されているのでキレイですね。

そして新幹線の運転台に入ることも出来ます。

もちろん車内も見学可能。

ちなみにDF50の方も運転台に入ることが出来ますよ。

そしてその奥には展示コーナーが。

制服や、

駅弁、

ジオラマの展示もありました。

また、パンタグラフの展示の横には、

2階に上がる螺旋階段がありまして、

そこには行き先票や、ヘッドマーク、

その上からは西条駅を一望できるスペースがあります。

北館に向かうぽっぽ橋も絶好のトレインビュー!

そして北館にはこちらの跨線橋をわたるのですが、

ココからの景色がまた絶景なんです。

タイミングが合えば、アンパンマン列車や8600系列車も楽しむことが出来ますよ。

参考記事

「しおかぜ」「いしづち」のグリーン車は快適そのもの! 車内レポート JR四国 8600系

ただ、惜しむらくは3歳位までのお子さまだと跨線橋の「壁面」が邪魔をして、トレインビューが楽しめないのです。

もう少し低くするか、覗き穴があればよいかなとも思いましたが、

跨線橋を渡るとすぐに列車が見えるので、小さなお子様はこちらから見ることをおすすめいたします。

南館は屋外も屋内もしっかり楽しもう!

そして南館にくるとまずは、「フリーゲージトレイン 第2次試験車」がお出迎え。

また、日によってはミニ列車も走ります。

建物内に入るとまずはキッズコーナーがあります。

中では靴を脱いで楽しむことができますよ。

そして展示車両はC57形蒸気機関車と、キハ65形急行用気動車、

その奥にDE10形ディーゼル機関車がありました。

さらにその奥にはスペースがあって、

信号機や動輪の展示も。

こちらの展示車両も、SLの運転席や、

急行列車の車内等を見て回ることが可能です。

その奥には模型とパネルで歴史を学ぶことができます。

そして北館の一番人気はこちらの巨大ジオラマ。

1時間に1回程度、朝・昼・夜にかけて移り変わる四国の鉄道風景を紹介する演出走行が行われます。

こちらは必見。もちろんアンパンマン列車も走りますよ。

参考記事

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

大人旅は十河信二記念館でゆったり。

3世代旅行だと、子どもがジオラマやミニ列車で遊んでいる間、パパママはもちろん付き添いますが、おじいちゃんやおばあちゃんはずっと付き添っていると疲れてしまいます。

そんなときにオススメの施設がこちらの十河信二記念館。入場無料です。

こちらは元国鉄総裁だった十河信二氏の偉業をたたえる記念館で、新幹線の生みの親とも言われております。

そのご縁で四国の鉄道博物館にも0系新幹線が展示されることになったのかもしれませんね。

こちらは2階建てになっているのですが、

特にオススメなのがこちらの2階の休憩スペース。文献を見ながら、

時折窓に目をやると、こうしてトレインビューを楽しむことも出来ます。

飲食は出来ませんが、少し休憩したり、大人旅で学びたいときにオススメのスポットです。

お土産は観光交流センターで!

一通り鉄道村を楽しんだ後はお土産を買いに行きましょう。

お土産は観光交流センターで販売しております。

子ども向けの鉄道グッズもたくさんありますよ。

いかがでしたか?

この週末はぜひ西条まで足を運んで大人も子どもも鉄道三昧で楽しんでみませんか?

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

関連記事

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

「しおかぜ」「いしづち」のグリーン車は快適そのもの! 車内レポート JR四国 8600系

その他の鉄道博物館のレポートはこちら。

●鉄道歴史パーク in SAIJO
・住所:愛媛県西条市大町798番地1
・電話:
四国鉄道文化館北館:0897-52-1449
四国鉄道文化館南館:0897-52-1303
十河信二記念館  :0897-47-3855
観光交流センター :0897-47-3575
・開館時間:9:00-18:00
・入館料:四国鉄道文化館のみ
大人(高校生以上) 300円
小中学生 100円
就学前児童 無料
(十河信二記念館・観光交流センターは無料)
・休館日:水曜日
(ただし、水曜日が祝祭日の場合は、翌日休館)
観光交流センターは無休

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【Go To トラベル】高知1泊2日で9,000円以下? 「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」号に乗るにはJR四国ツアーがお得!

志国土佐 時代の夜明けのものがたり 車両レポート JR四国

【トレインビューホテル】サヤンテラスから外房線特急「わかしお」を楽しむ。

五能線 リゾートしらかみ 橅編成の旅

More