【グリーン車料金+1000円!】「あさま」「なすの」ふらっとグランクラスを体験してみた

日曜日の夕方の北陸新幹線の上り(東京方面)は、行楽帰りのお客様で大人気のため、

夕方以降はすべて満席。

特に「かがやき」や「はくたか」は人気が高いですね。

ただ、そんな状況でも長野発の「あさま」は比較的余裕がある場合が多いようです。

その「あさま」を利用する際にオススメの切符が

「ふらっとグランクラス」。

なんとグリーン車料金にたったの1,000円を追加するだけで乗車可能。

さらにキヨスク等で利用できる1,000円分のクーポンがついてくるため、お弁当やドリンクを1,000円買うのであれば、実質負担金額はゼロ円でグランクラスに乗ることが出来るんです!

ただ、利用条件等が決まっておりますので詳しく見て行きましょう。

ふらっとグランクラスの利用条件

安くなるだけあってちょっと条件に制約があります。

まずは、グランクラスが連結されている東北新幹線「なすの」・北陸新幹線「あさま」のみということ。「かがやき」「はくたか」「はやぶさ」等は利用できません。なので、飲食の提供はありませんのでご注意ください。

また、利用列車に乗り遅れた場合は乗車券も含めてすべて無効になりますので、帰りの時間の予定が未確定の方にはお勧めいたしません。

それと、乗車日前日の18:00まで購入する必要があります。

どうやって予約するの?

予約はすべてWeb上で行います。

まずは出発日、人数を入れて、

当日乗車予定の列車を選択します。今回は利用日の3日前でしたが、このように夕方の列車でも空いておりました。

そして取引条件を確認して、

予約完了であります。

ちなみに座席も空いていれば自分で選択することが可能。といっても18席しかないのですけどね。

引き取り方法はどうするの?

さて、予約が完了したら、駅の券売機に向かいましょう。

ツアー切符の引き取りを選択して、予約時に使用したクレジットカードを挿入。

そうすると、予約内容が表示されるので、確認をおすと、

切符が発見されます。

切符の表記はグリーン扱いなんですね。ただ、右下にはグランクラス(飲料軽食なし)と表示されていることで

グランクラスの切符であることがわかります。

また、あわせてバウチャー券も出てきますので忘れずに受け取りましょう。これをニューデイズやキオスクで提示すると1,000円分の商品を購入することができます。

当日の利用方法について

切符を無事に入手できたら、あとは当日12号車に向かいましょう。

先ほども書きましたが、乗り遅れるとすべて無効になりますので時間には余裕を持って利用しましょう。

そこにはグランクラスのシートがお出迎え。

ちなみに北陸新幹線のグリーン車のシートはこのような感じ。この差額が実質ゼロ円で乗ることが出来るのは嬉しいですよね。

ちなみに、飲食、軽食、アテンダントのサービスはありません。と書きましたが、

通常は新聞のサービスもあるのですが新聞もありませんでした。

ただ、スリッパは装備されておりましたよ。

いかがでしたか。

ぜひ皆様も「あさま」や「なすの」を利用する場合は

ふらっとグランクラス

を利用してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

【グランクラス】東北新幹線と北陸新幹線 徹底比較

その他のグリーン車・グランクラスのレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【みどりの窓口廃止】2025年までに70%廃止!既に廃止された駅はどうなっているのか?

【トレインビューホテル】ザ グランドパレス徳島から高徳線・徳島線を楽しむ

【速報】JR東日本で予定されていた5月7日(金)の間引き運転は中止になりました。

【JR四国】今年もアンパンマン列車スタンプラリーがパワーアップして開催中です!

More