【駅探訪】予土線の旅 十川駅を訪ねて。 JR四国

十川駅に停車する海洋堂ホビートレイン

昨年、予土線トレインビューが楽しめる宿泊施設、かっぱバックパッカーズに宿泊した際に、利用した駅が十川駅。

隣の駅は難読・珍名駅としても有名な「半家駅(はげえき)」ですね。

●参考記事:かっぱバックパッカーズのレポートはこちら。

【トレインビュー宿泊】かっぱバックパッカーズで予土線を堪能!

ホームは1面1線。ホームからは四万十川の雄大な流れを見ることができます。

以前は行き違いができるように島式ホームでしたが、行き違い設備が廃止され、現在のスタイルになっております。屋根の形状が島式ホームだった時代の面影を残していますね。

改札は窪川方向にありますが、

無人駅で、駅の出口までは結構な階段があります。

予土線の本数は上下とも5本。そのうち18:52発の窪川行きと7:02の宇和島行き以外は予土線3兄弟の運行になります。(しまんトロッコは夏季限定)

階段を降りると掲示板もあり、無人出来ですがしっかり手入れがされていました。

駅の外に出てみます。お手洗いもちゃんとあり、

その対面には以前の観光物産センターがあり、待合室として使われているようです。

ちなみに駅のスタンプは十川駅から徒歩5分程の場所にある十和地域振興局に設置してあります。

駅を出て国道に面した場所にバス停もあります。バス待合の椅子が一つだけというのも、常連さんが置いて使っているのかもしれません。

国道から駅を見上げるとこのような位置関係。バス停を降りてから、

このような階段を上って駅に行きます。

今回は行きも帰りも予土線3兄弟のうち、鉄道ホビートレインと、

海洋堂ホビートレイン(かっぱトレイン)を利用することができました。

いかがでしたか。予土線は各駅とも時間がゆっくり流れている貴重な路線ですよね。また、訪れたい駅の一つです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の駅探訪レポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビュー公園】王子駅にある飛鳥山公園は鉄道を楽しめるポイントがいっぱい!

【アスカルゴ】飛鳥山公園にある日本一短いモノレールに乗ってみた

【駅探訪】予土線の旅 十川駅を訪ねて。 JR四国

【駅探訪】四国最南端・高知最西端の宿毛駅を訪ねて 土佐くろしお鉄道

More