【アスカルゴ】飛鳥山公園にある日本一短いモノレールに乗ってみた

飛鳥山公園モノレールの車両が上がってくるシーン

JR東日本の王子駅は、鉄道ファンにとっては人気駅でありまして、

その理由の一つが「日本一短いモノレール」があるということ。王子駅に隣接する飛鳥山公園まで約2分の旅であります。さっそく公園入口駅から乗り込みます。正式名称は飛鳥山公園モノレールですが、その車両の風貌から「あすかるご」という愛称もついています。

こちらがモノレール「アスカルゴ」の車両本体。1両編成。スキー場のゴンドラをイメージすると大きさがわかりやすいと思います。

定員は16名。椅子が前後に各3席ずつあるので、10名は立って乗車ですね。

線路は単線。時刻表はなく、ひたすら往復している乗り物になります。

上る途中では王子駅の京浜東北線や宇都宮線、高崎線、新幹線を見ることができます。

そして、山頂駅に到着。

山頂駅は無人駅になっており、エレベーターのように扉の開閉ボタンがありました。

ちゃんとホームドアも設置されております。

もちろん下りも利用可能。

人気の乗り物なので、ピーク時には乗車待ちの列もできます。

もちろん山頂駅からもトレインビューを楽しむことができますよ。

運行時間は現地にてご確認くださいませ。

いかがでしたか。

皆様も王子駅を利用する際にはぜひ飛鳥山公園モノレールも合わせて利用してみてくださいね。

飛鳥山公園のトレインビュースポットに関してはこちらをご覧ください。

【トレインビュー公園】王子駅にある飛鳥山公園は鉄道を楽しめるポイントがいっぱい!

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

「びゅうコースター風っこ」は本当に風を感じる列車でした。

JR東日本では「SLスタンプラリー」を9月30日まで開催中!

SL銀河の車内限定発売の「SL銀河弁当」を食べてみた

SL銀河の車内のこだわりが凄い!車内にはプラネタリウムも!

More