普通列車グリーン車はJREポイントから交換するのがお得!乗車直前でも変更可能!

東海道線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、横須賀線、総武線快速および常磐線の一部の普通列車にはグリーン車がついています。

その普通列車グリーン車に乗車するには、乗車券・定期券のほかに、普通列車グリーン券を購入する必要があります。
料金は目的地までの距離別(~50kmまでと51km以上)と曜日別(平日・土日祝)に加え、車内購入か事前購入かによって分けられております。

料金は下記の通り(2022年現在)

営業キロ 事前料金 車内料金
平日 ホリデー 平日 ホリデー
50kmまで 780円 580円 1,040円 840円
51km以上 1,000円 800円 1,260円 1,060円

最近は事前購入をされる方も多くなりましたが、それでも51Km以上乗車する場合は平日だと1,000円かかります。

そこでおすすめの購入は

JREポイントをグリーン券に交換してモバイルSuicaに登録

するパターンです。

さっそくその方法をご紹介しましょう。

この方法だと、

●どの距離でも一律600ポイントで交換可能

●乗車直前でも交換可能

なので、普通車両の混雑状況を見てからグリーン券を購入することも可能なんです。

さっそくその方法をレポートいたします。

事前準備編:スマートフォンには2つのアプリをインストール

今回の

JREポイントをグリーン券に交換してモバイルSuicaに登録

するためには2つのアプリが便利です。

●モバイルSuicaアプリ

●JrePointアプリ

になります。

まずはJrePointアプリでポイントをグリーン券に交換してモバイルSuicaで受け取るという流れになります。アプリの登録が終わったらさっそく交換手続きに入ります。

手順1:JrePointアプリでJreポイントをグリーン券に交換

まずはJrePointアプリの右上にあるメニューを開きます。

そうするとSuicaグリーン券交換という項目があるのでそちらをタップ。

そうすると交換を申し込むSuicaを選択してくださいと表示されますので、普段お使いのモバイルSuicaを選択しましょう。

※ここでモバイルSuica以外のSuica付きビューカード等を選択すると、当日の交換はできませんのでご注意ください。

交換枚数を選択して確認。今回は1枚。

最後に確認画面が出るので、「申し込む」ボタンをタップするだけ。

これで、交換が完了しました。とっても簡単。

※ポイント交換時は乗車区間の登録が必要ないので、乗車区間や乗車日が変更になっても問題ありません。

手順2:モバイルSuicaで受け取る

続いてモバイルSuicaアプリを起動します。

そうすると画面上部に「ポイント交換グリーン券が1件あります」の表示が出てきます。

タップすると「このSuicaでグリーン券の受取手続きを実施しますか?」と表示されますので、OKをタップ。

ここで初めて利用区間を登録します。今回は大船から市川まで。ポイント交換なので0円の表示。

以上で受け取り完了。これであとは乗車後にセンサーにタッチするだけで乗車できます。

今回

JREポイントをグリーン券に交換してモバイルSuicaに登録

の手続きをスクリーンショットをとりながらやってみましたが、画面左上で見るとわかるように21:22から始めて21:26には完了。約4分程度で出来ました。

また1ポイント1円で換算すると1,000円の区間を購入した場合は4割引きで購入できた計算になります。

どの日程でどの区間でも一律600ポイントなので、「平日に51Km利用」の際にポイント交換を利用するのがおすすめです。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

●参考記事:

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

【viewカード】JREポイントをお得にためるにはオートチャージ&グリーン券!Web明細登録も忘れずに!

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【駅探訪】品川駅近くの「お化けトンネル」を深夜に探検してみた。

【駅探訪】京成本線京成関屋駅と東武スカイツリーライン牛田駅は驚愕の近さ!

箱根ゴールデンルートを楽しんできた!

プラレールの線路を作る時に「まがレール」があるととっても重宝します!

More