【駅探訪】東武アーバンパークラインで一番乗降人員の少ない駅、清水公園駅に行ってみた。

東武鉄道清水公園駅

船橋と大宮を結ぶ環状線、東武アーバンパークライン(東武野田線)ですが、その中で乗降人員が一番少ない駅が清水公園駅になります。

駅近くにはフィールドアスレチックで有名な清水公園があり、

徒歩10分程で公園に着くアクセスが魅力です。

乗降人員が一番少ないといっても、改札上に液晶表示もあり有人改札もあり、他の駅と遜色ありません。

ちなみに清水公園駅はホームにも特徴があって、一見対面式ホームかと思いますが、よく見てみると反対側のホームは線路がつながっていません。

柏方面を見ても同様です。今でも使えるくらいのホームですが線路はつながっていません。

実はこの辺りの連続立体交差事業により、2023年10月29日より、1番線を廃止し、旧2番線を新1番線に改称した上で上り本線に、旧3番線を新2番線に改称してりようして島式ホーム1面2線となっています。

東武鉄道の公式サイトにも掲載されておりました。

これからも工事の進捗やダイヤ改正によりホームの復活があるかもしれませんね。

沿線のレポートは下記をご覧ください。

東武アーバンパークライン(東武野田線)急行に乗って大宮から船橋まで行ってみた

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の駅探訪のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

京王線飛田給はイベント開催時には特急や急行が停車します。

スペーシアX弁当は子どもにも大人気!お持ち帰りも楽々!

都営大江戸線では1号車および8号車で優先席の位置を順次変更中です。

パシフィコ横浜で開催されたCP+のプラレールの展示がすごい!

More