京成線で「千葉県誕生150周年記念ロゴマーク」ヘッドマーク掲出列車が2024年6月まで運行中!

3000形の千葉県誕生150周年のヘッドマーク

市川真間駅での取材を終えて駅で電車を待っていたら、偶然にもこちらの電車が入線してきました!

これが京成線の車両でたった1編成だけ運行されている「千葉県誕生150周年記念ロゴマーク」を掲示した車両なんです。

実は2023年6月11日から走っていたのですが、こうして間近で見ることが出来たのは初めて。

ロゴマークはちばの宝船をイメージしており、風を受けて、力強く未来に向けて進んでいく様子が表現されています。

また、船には縁起物や千葉の名産品である鯛、イセエビ、落花生を載せており、お祝いの意味が込められているとのこと。

京成電鉄の公式サイトによると運行については下記の通り。

●「千葉県誕生150周年記念ロゴマーク」ヘッドマーク掲出列車の運行について

・掲出車両:京成電鉄 3000形1編成(6両)
・掲出期間:2023年6月11日(日)~2024年6月(予定)

通常は各駅停車の運用で使用される編成ですので、京成本線のどの駅でも見るチャンスがありそうですね。

というわけで、よい「鉄分」を!

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

京王線飛田給はイベント開催時には特急や急行が停車します。

スペーシアX弁当は子どもにも大人気!お持ち帰りも楽々!

都営大江戸線では1号車および8号車で優先席の位置を順次変更中です。

パシフィコ横浜で開催されたCP+のプラレールの展示がすごい!

More