足湯を楽しめる新幹線「とれいゆつばさ」 車内レポート

さて、新幹線で「足湯」ができる列車があると聞いて新庄駅までいそいそと。

そうです。とれいゆつばさであります。

車両の側面のロゴもオリジナルであります。

まずは先頭車両から見ていきましょう。

11号車から16号車の編成であります。

11号車は普通座席指定者。普通座席といってももともとグリーン車だったので、座りごこちは快適そのもの。

そして12~14号車はお座敷指定席(語らいの間)になります。大きなテーブルがあるのが特徴。グループ旅行にオススメであります。

15号車には湯上りラウンジと

バーカウンター。

とれいゆつばさオリジナルグッズも売っています。

そして禁断の16号車。足湯ですね。

通路の奥には

足湯コーナーがどーん!

ちなみに足湯コーナーは2箇所に分かれておりまして、

スタッフの方の誘導によって入る場所が決まっております。

更衣室もあるのでスカートからズボンに履き替えたいという場合も楽々。

更衣室内でゆったり着替えることができます。

あとは足湯券をゲットして流れる車窓を楽しみながら「世界一早い足湯」を楽しんでくださいませ。

参考になれば幸いです。

続いて

足湯新幹線「とれいゆつばさ」を楽しむための9つのポイント

をどうぞ。

というわけで、よい鉄分を!

その他の観光列車のレポートはこちら。

その他の新幹線のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

軽井沢から横川駅までの唯一の公共交通機関に乗ってきた。

JR東日本が提供している「Tabi-CONNECT」の回遊軽井沢を使ってみた感想

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

More