【駅探訪】大歩危駅の展望台から渓谷を楽しむ。

さて、大歩危の秘境を駅構内から楽しむことができる駅として有名な大歩危駅。

駅の全景はこんな感じ。

さっそく駅構内へ入ります。

駅名看板も趣のあるデザイン。

こなきじじいの人形や、

無料の待合室もありました。

そしてホームには祖谷のかずら橋の模型や、

座ると自動的にくっつく「らぶらぶベンチ」もありました。

こちらが大歩危駅の時刻表。観光路線だけあって、特急列車(赤字表記)のほうが普通列車よりも本数が多いですね。

観光特急の「四国まんなか千年ものがたり号」もこちらが始発駅。

そして今回の目的でもある、大歩危駅の3番線の奥に展望台があります。

この階段を下っていくと、

大歩危峡の案内があり、

展望スペースがあります。

ここからの景色は鉄道駅の展望台とは思えない絶景ですな。

しばしの間、時を忘れて楽しみました。

いかがでしたか?皆様も大歩危駅を利用される場合には、少し早めに行って展望台を楽しむことをおすすめいたします。

というわけで、よい「鉄分」を!

●関連記事

【トレインビューホテル】サンリバー大歩危から絶景の土讃線とアンパンマン列車を堪能

JR四国の観光特急「四国まんなか千年ものがたり」を楽しむための7つのポイント

その他の駅探訪レポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

京成電鉄の架線点検業務を見てきた 保線業務は縁の下の力持ち。

西武鉄道のチケットレスサービス「Smooz」がリニューアル!返金(退会)手続きはとっても簡単!

JR京葉線の新習志野~海浜幕張間の新駅、「幕張豊砂」駅オープンに向けて準備が着々と進んでおりました。

【駅探訪】JR総武線下総中山駅の「ひょう被害」の現状

More