「青いソニック」グリーン車でパノラマキャビンを楽しむ! 883系 JR九州

1995年の登場以来、根強い人気を誇るJR九州の看板特急、「青いソニック」ですが、グリーン車には個性的なほかの特急には無いスペースがあります。

入り口は車両の途中にあります。

車内は15名定員。サンシェードも個性的。そして目を引くのが耳の形をしたヘッドレスト。

席は2名掛けと、

1名掛けがあります。

リクライニングもありますがレッグレストはなく、フットレスト。

リクライニングは電動であります。かなり年季が入っておりますが、そこは仕方ないですね。

窓側にはコンセントとミニテーブルもあります。

テーブルはすこし小さめ。

サイドからミニテーブルもでますが、

当時は250mlの缶ジュースがきちんと入る仕様だったと思うのですが、いまのペットボトルでは入らないですね。

そして何よりこの883系ソニックの人気を不動のものにしているのが、このパノラマキャビン。

グリーン車の乗客専用のミニラウンジです。なので15名限定ですね。

中央に机を引き出して楽しむことも出来ます。

横にはカタログ等を置いてあるカウンタースペースもあります。

そしてこのパノラマキャビンからはこうして、前面展望を楽しむことができます。

(写真はグリーン車が最後尾時の後方展望)

ちなみにパノラマキャビン越しの席を希望する場合は1号車1番CD席。

パノラマキャビンを前にこうして個性的なテーブルもついています。

ちなみに、大分から博多行きの場合は小倉から博多が先頭車両、博多から大分に向かう場合は小倉より先が先頭車両になります。ただ、パノラマキャビン越しの前面展望はとても見づらい状況です。

ちなみに1号車のトイレは多目的トイレになっていて、

オムツ替えのシートもあるので便利ですよ。

いかがでしたか。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他のグリーン車のレポートはこちら。

その他の特急列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

大人気!【アンパンマン列車】の乗車券入手方法や楽しみ方のポイント!予讃線や土讃線、特急しおかぜ、特急南風、特急あしずり徹底ガイド【JR四国】

東京と札幌の移動には新幹線のグランクラスと飛行機のファーストクラス、どちらが快適?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【Go To トラベル】高知1泊2日で9,000円以下? 「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」号に乗るにはJR四国ツアーがお得!

志国土佐 時代の夜明けのものがたり 車両レポート JR四国

【トレインビューホテル】サヤンテラスから外房線特急「わかしお」を楽しむ。

五能線 リゾートしらかみ 橅編成の旅

More