忍者ハットリくん列車に乗ってみた。 氷見線・城端線

氷見線・城端線には「忍者ハットリくん列車」なるものが運行しております。

これは藤子不二雄A氏が氷見市出身ということにちなんで実現したそうです。

今回は2013年11月にデビューしたハットリくん列車に乗ってきました。

車内に入って驚いたのはこれでもか!というハットリくんの量!

天井や網棚の上、

ヘッドカバー部分に至るまできっちりデザインされております。

さらにトイレの壁面や、

車両の入り口もすべてハットリくん。

これはお子様にも人気が出そうですね。

こういったローカル線でのラッピング電車は地域活性化のためにも、残り続けてほしいものです。

皆さんもぜひ機会がありましたら氷見線・城端線に遊びに来てみてはいかがでしょうか。

というわけで、よい「鉄分」を!

関連記事

氷見線を走る観光列車:ベル・モンターニュ・エ・メール~べるもんた~ で車内で握るお寿司を食べよう!乗車体験レポート

花咲線で頑張るルパン:ルパン三世ラッピング車両レポート

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

国立科学博物館のD51形231号機はいつ見てもキレイ。

B.B.BASEがバルに!「BOSO地酒バルトレイン」に乗ってきた。

JRE POINTステージは意識して貯めなくても「ステージ2」まで達成することが出来ますが、それより上を目指すには意識して利用しないと達成できません。

「市川ママ駅」の母の日イベントに参加してきた。

More