【京都→大阪2時間の旅】近鉄特急「しまかぜ」+「ひのとり」を利用して京都から大阪まで旅行してみた

特急しまかぜが京都駅入線

京都から大阪に移動するときにJRだと新快速で30分もかからず、料金も570円で利用することが出来ます。また、阪急や京阪ですと少し時間はかかりますがさらに安く移動できます。

ですが、京都と大阪を結ぶ路線としてはちょっと(だいぶ)遠回りになりますが、近鉄線でも行くことが出来ます。そこで、

「一番高くて一番時間がかかる」近鉄線で京都から大阪まで移動してみました。

一番高いというコンセプトなので、京都から大和八木までは「しまかぜ」のプレミアムシート、大和八木から大阪難波までは「ひのとり」のプレミアムシート」という布陣です。

乗車券だけで960円。さらにそれぞれ特急券代がかかるので、合計3,440円、2時間8分の旅の始まりです。

まずは近鉄京都駅。10時発の特急しまかぜです。

いつ見てもカッコいいフォルム。

●参考記事:

特急「しまかぜ」は乗るだけで楽しい列車! お伊勢めぐりや賢島観光にどうぞ!近鉄

今回はプレミアムシートの最前列を確保することができました。

最前列はやはり快適ですね。小田急のロマンスカーと大きく違うのは運転席の上にあるので、直射日光が当たらないというのがポイント。

特急同士のすれ違いも楽しむことが出来ますし、

なんといっても大和西大寺の複雑なポイントを「かぶりつき」で楽しむことが出来るんです。

●参考記事:

【トレインビューカフェ】大和西大寺で近鉄奈良線と京都線と橿原線の交差を楽しむ!

大和西大寺を出るとほどなくして大和八木。

ここで「ひのとり」に乗り換えです。

ブルーリボン賞受賞おめでとうございます。

そして「ひのとり」も最前列を確保。「しまかぜ」と違って前面展望の視野は少々狭い感じ。

ですが、名古屋と難波を結ぶ「ビジネス特急」であるにもかかわらず、ベンチシートエリアや、

カフェエリアもあるんです。

●参考記事:

近鉄特急ひのとりに乗ってきた!車内レポート(動画あり)

そして難波の手前で地下に入り、

12:08に大阪難波駅到着。

いやー、思った以上に快適な旅でした。スピードや安さだけでは得られない満足感がありますね。

動画でも撮影してきましたのでお時間がある時にご覧ください。

近畿日本鉄道もこのご時世で大変な状況ですが、こうして少しでも乗って応援できればと思います。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の観光列車のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【駅探訪】上越新幹線上毛高原駅構内で地ビールを楽しむ!

大阪モノレールは子ども連れにも優しいシート!

回数券より便利?リピートポイントサービスはエントリー不要!

特急「しまかぜ」最前列プレミアムシート体験レポート

More