近鉄特急ひのとりに乗ってきた!車内レポート(動画あり)

近鉄特急ひのとりのプレミアムシート

ブルーリボン賞を受賞した近鉄特急「ひのとり」ですが、その居住性はビジネス利用が多い特急としては最高ランクの居住性ではないでしょうか。

さっそくその車内をレポートしていきましょう。

プレミアムシートは国内最高クラスの居住性

まずは先頭車両のプレミアム車両から。

最前列は、この眺望が保証されます。

そしてシート自体も快適そのもの。

まずはリクライニングをしても後方座席に迷惑のかからないバックシェル。

そしてシートピッチはなんと1300mm。

リクライニングはもちろん電動。

フルリクライニングした状態がこちら。この状態で名古屋と大阪の間を移動できる交通手段はほかにありません。

そして各席にはコンセントも装備されています。もちろんWi-Fiも完備。

肘掛けから出すテーブルはしっかりしているのでノートPCでの作業も可能。背面テーブルではないので、前方のリクライニングに影響を受けることもありません。

そして料金が安いのですから、これはもう文句のつけようがありませんね。

スタンダード車両も快適そのもの

さらに「ひのとり」のすごさは普通車両も快適設計ということ。

2列2列ですが、ガラス棚の仕切りで明るい雰囲気。

シートピッチは1160mm。レギュラーシートとしては破格の広さ。

さすがにリクライニングはあまり角度がつきませんが、

それでもスタンダードクラスでは珍しいバックシェルを採用しているのでこちらも気兼ねなく利用できます。

またテーブルはバックシェルに固定されているので、こちらも前の席のリクライニングに影響されない設計となっています。

また、細かいですが、中央のひじ掛けもこうして1席ごとに上げたり下げたりできるのも嬉しいポイントですよね。

その他にも「ひのとり」は魅力がいっぱい!

そしてシートだけじゃない個性が「ひのとり」にはあります。まずはベンチスペース。こちらはフリーエリアですので、どなたでも利用することができます。子ども連れにも嬉しいですよね。

さらに大型ロッカーも完備。利用はもちろん無料です。鍵がかかるので安心ですよね。

さらに、先頭車両にはカフェスポットもあります。こういったご時世ですので非接触で購入できるのは嬉しいですよね。

ちなみにカフェスポット以外にも自動販売機もあります。

他にもバリアフリー対策も充実。

動画でも撮影してきたのでご覧ください。

ちなみに、特急「ひのとり」の運行開始1周年を記念して、 3月12日から1ST ANNIVERSARYロゴマークの入った「ひのとり」が、 1編成だけ走っています。ぜひ皆さんもロゴマークを探してみてくださいね。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

●近鉄関連の参考記事

特急「しまかぜ」は乗るだけで楽しい列車! お伊勢めぐりや賢島観光にどうぞ!近鉄

近鉄特急アーバンライナーはデラックスカーがおすすめ!

【どっちを選ぶ?】大阪と名古屋の移動は新幹線派?近鉄特急派?

 

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【100年に一度の大工事】山手線52時間運休の影響はどうだったのか?

【ご注意!】山手線(内回り)は池袋→渋谷→大崎間で10/23(土)24(日)終日運休です!

【ありがとう松坂】西武球場前駅に18番線ホーム?駅は松坂大輔一色でした!

【災害時こそトレインビューホテル?】グランドホテル神奈中平塚で東海道線の最新状況を把握

More