子ども連れで千葉モノレールにのるなら1000形よりも0形をおすすめします!

千葉都市モノレール0形は子どもでも前面展望を楽しむことが出来ます

千葉都市モノレール関連のレポートをお届けしてきましたが、

「千葉モノレール」×「俺ガイル」コラボ車両に乗ってみた

https://www.soul-train.co.jp/1027031/

実際にモノレールに乗車するときのおすすめポイントをお届けいたします。

現在千葉都市モノレールには1000形と0形がありますが、どちらが子どもには楽しめるでしょうか。

まずは1000形。

車内はこのような感じで、運転席も窓が高い位置に一つあるだけです。

一方で平成24年に登場した0形。

車内のシートも一人一人の区切りが明確になり雰囲気も一新。

そして一番大きな違いがこちらの運転席の窓。足元までガラス張りになったので、

こうして小さなお子様でも「前面展望」を楽しむことが出来ます。

また、運転席も見えますし、

その足元はなんとシースルー!これは子どもが大喜びですね。

皆さんも子ども連れで乗車する場合は1000形よりも0形の方が喜ばれますよ。

参考になれば幸いです。

ちなみに1000形の廃車車両のうち、第2編成は「ぽっぽの丘」で見ることが出来ます。

こちらも合わせて訪れたいですね。

いすみポッポの丘で旧型車両と触れ合う 鶏卵牧場

というわけで、よい「鉄分」を!

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

西武鉄道のチケットレスサービス「Smooz」がリニューアル!返金(退会)手続きはとっても簡単!

JR京葉線の新習志野~海浜幕張間の新駅、「幕張豊砂」駅オープンに向けて準備が着々と進んでおりました。

【駅探訪】JR総武線下総中山駅の「ひょう被害」の現状

高尾山観光には京王線も割り引きになる「高尾山きっぷ」がお得!

More