サフィール踊り子VS踊り子 料金は3倍以上?実際にどのくらい変わるのか乗ってみた。

サフィール踊り子のグリーン車

先日伊豆方面に旅行に行ったときに、行きは踊り子、

帰りはサフィール踊り子に乗車してきました。

実際にどのくらい料金が変わるかの問題ですが、大人2名+子ども1名(小学生)で、行きの踊り子は5,200円。

帰りのサフィール踊り子はなんと17,000円という結果でした。なんと3倍以上の料金格差が出るんですね。

これは「子ども料金」にからくりがあります。踊り子は今回普通車指定席を利用。

サフィール踊り子は全車グリーン車かつグリーン個室とプレミアムグリーンがあります。つまり一番安いクラスがグリーン車になるんです。ちなみにサフィール踊り子のグリーン車と踊り子のグリーン車も料金も車内もまったく違います。

で、グリーン車を利用するときの忘れてはならないポイントは

●グリーン料金は子ども料金なし

という大原則があります。

なので、子どもと一緒に利用すると

・そもそも踊り子よりサフィール踊り子が高く、かつグリーン料金部分に関しては子どもは大人と同額になるため

結果的に3倍以上の値段になります。

もちろんそれだけのクオリティの差があるので、週末のサフィール踊り子は連日満席になるんでしょうけどね。

それと、JREポイントも大きく違います。行きはえきねっとチケットレスサービスを利用したので、5%の260ポイントが付与されたのですが、帰りは伊豆急行線なのでチケットは事前発券が必要になります。そのため0.5%の84ポイントしか付与されませんでした。

まあ、ちゃんとした方法で最初から貯める方法を考えて購入するとこれほど差が出ないと思いますが、このあたりもJREポイントを貯めている方は注意が必要ですね。

3倍以上の値段の差がありますが、サフィール踊り子はそれだけの魅力がある列車ともいえます。往復利用は予算的に難しい場合は片道だけでも楽しんでみてはいかがでしょうか。

というわけで、よい「鉄分」を!

●参考記事:

サフィール踊り子のカフェで提供しているパスタを全種類食べてみた

サフィール踊り子 プレミアムグリーン車体験レポート

リニューアル踊り子号 E257系の変更点レポート

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

ベビーカーのシェアリングサービスが拡大中!

JRE POINTためて、つかってキャンペーン~今ならJREポイント400Pでグリーン車に乗車可能!

「京急クラフトビールフェス2023」が京急川崎駅で開催されました!

さよならキハ85「ワイドビューひだ」の在りし日の姿(普通車編)

More