プラレール クルーズトレインDXシリーズ TRAINSUITE四季島を買ってみた!

プラレールのクルーズトレインDXシリーズとして四季島が発売されたので早速購入してきました。

プラレールは通常は3両セットですが、このプラレール クルーズトレインDXシリーズはなんと6両編成。

さらにプラキッズが2体ついてます。

そして1両ごとに細かい特別機能がついているんです。

さっそく見ていきましょう。

各車両の詳細レポート

まずは1号車。

こちらは展望車で上部がはずれ、プラキッズを乗せることが出来ます。

つづいて2号車はスイート。こちらも開けて中にプラキッズを寝かせることが可能。

そして5号車はラウンジ「こもれび」。四季島に乗降する扉がある車両ですが、

なんとここは車内灯がつくんです!(単三電池別途必要)

そして6号車はダイニングカー。もちろんこの車両もプラキッズを乗せることができます。

7号車は四季島スイート/デラックススイートの車両ですね。掘りごたつがあるので四季島スイートを表現しているのかもしれません。

そして10号車は動力車。別売りの単三電池を入れて走らせるとこのようにライトが点灯します。

ちなみに同じ日にプラレール クルーズトレインDXシリーズとして瑞風も発売されておりますが、両方走らせると、プラレールもとても豪華な感じがしますよ。

プラレール クルーズトレインDXシリーズ TWILIGHT EXPRESS 瑞風を買ったレポートはこちら。

動画でも2編成をひたすら走らせてますので良ければご覧くださいませ。

また、本物の四季島の車両レポートも動画公開中ですのでよければどうぞ!

いかがでしたか。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

その他の鉄道グッズのレポートはこちら。

ギャラリー四季島のレポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

【トレインビュー博物館】国立科学博物館にもトレインビューを楽しめるスポットがあった!

【トレインビュービアガーデン】上野アメ横ビアガーデンからJR線を楽しむ!

【トレインビュー番外編】東京ステーションホテルで東京の玄関口を堪能!

【トレインビュー】「東京駅舎に泊る」唯一無二のホテル、東京ステーションホテルでJR東日本の列車を堪能!

More