【トレインビュー番外編】東京ステーションホテルで東京の玄関口を堪能!

東京ステーションホテルのドームサイドコンフォートキングからは丸の内口が一望

何回かにわたって東京ステーションホテルの列車が見える客室のレポートをしてきましたが、今回はちょっと毛色が変わった「トレインビュー」になります。トレインビューというよりは「改札口ビュー」になります。駅の改札口を見ることが出来るホテルはたくさんありますが、東京駅のしかも丸の内口改札を見ることが出来るホテルは東京ステーションホテルだけ。さっそく紹介したいと思います。

●過去のトレインビューレポートはこちら。

https://www.soul-train.co.jp/1026169/

【トレインビュー】東京ステーションホテルから山手線を楽しむ。

※部屋の写真は提供いただきました。

東京ステーションホテル「ドームサイドコンフォートキング」のお部屋レポート

今回のお部屋は東京ステーションホテルの部屋の中でも比較的部屋数の多い「ドームサイドコンフォートキング」というお部屋タイプになります。

まずは何といってもこの天井高。なんと3.9m。これは東京駅舎の躯体をそのまま活かした造りになっているためとのことですが、この天井高があるので、他のホテルの同様の広さの部屋と比べても圧倒的に解放感があります。

バスルームもゆったりした造り。レインシャワーも洗い場もあるのが嬉しいですよね。

そして必ずチェックしてほしいのがアメニティ。

イストワール ドゥ パルファンとコラボレーションした、ホテルオリジナルバスアメニティ「Est. 1915(エスト イチキュウイチゴウ)」が用意されております。こちらは現在市販されていないので、宿泊しないといただくことが出来ないアメニティなのですが、

この横についているラベルのデザインが、昔の切符にハサミを入れたデザインになっているんです。これは商品開発の際に支配人のアイデアで「何か東京駅舎のホテル」というこだわりを入れたいとのことで実現したとのこと。こういった遊び心って大切ですよね。

「ドームサイドコンフォートキング」からの改札口ビュー

そしてドームサイドの部屋として一番のおすすめはこの改札口を正面に見ることが出来るお部屋。

このようにひっきりなしに行きかう人々を眼下に見ることが出来るんです。週末にステイするのか平日にステイするのかでもこの窓からの景色はまったく違うものになります。

そしてチェックアウトの際は必ず丸の内改札から入って振り返ってみてください。

このように今まで滞在していた部屋がお見送りしてくれる光景を楽しむことが出来ますよ。

皆様の宿泊の際に参考になれば幸いです。

という訳で、よい「鉄分」を!

●その他の東京ステーションホテルのレポートはこちら。

【駅探訪】東京駅舎に泊まる!東京ステーションホテルは鉄道好きにたまらない仕掛けがいっぱい!

東京ステーションホテルの「プレミア駅弁」を買ってみた!4月4日(日)まで販売中

【トレインビュー】東京ステーションホテルから山手線を楽しむ。

https://www.soul-train.co.jp/1026169/

●東京ステーションホテル
・住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9-1
・電話:03-5220-1111

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

「びゅうコースター風っこ」は本当に風を感じる列車でした。

JR東日本では「SLスタンプラリー」を9月30日まで開催中!

SL銀河の車内限定発売の「SL銀河弁当」を食べてみた

SL銀河の車内のこだわりが凄い!車内にはプラネタリウムも!

More