JREポイントのグリーン券はSuicaに事前に移管しておくと便利

グリーン券券売機でSuicaにポイントを移管するのは簡単

JREポイントの利用先で多くの方が経験したことがあるのが普通列車グリーン券。

現金で購入するよりも、ポイントで変換したほうがお得になることも人気の一つです。

通常は、そのままスマートフォンでモバイルSuicaで利用する場合が多いと思いますが、家族や友人と旅行に行く際に重宝するのがSuicaカードに移管する方法。そうするとモバイルSuicaとSuicaカードでそれぞれ使うことが出来るため、複数人で使うことが可能です。

SuicaカードやモバイルSuicaは事前に複数枚数登録できるので、仮に手元に3枚あればそれぞれにJREポイントのSuicaグリーン券を付与することが出来るんです。

ただし注意が必要で、モバイルSuicaは即反映されますが、Suicaカードは前日までの移行が必要になります。ただ、移行後の利用期間は1か月あり、仮に使わなくてもポイントが返還されるだけですので、急な利用に備えてポイントを移管しておくのも良いかもしれません。

今回は6月8日にポイントを付与したSuicaカードで7月3日に受け取って利用してきました。

受取はとっても簡単。

ホームにある普通列車グリーン券売機にSuicaカードを置くと、

自動的にポイントから受け取るか、情報を書き込むかの選択が出るので、ポイントから受け取りを選択。

JRE POINTから受け取るを選択して、

行先を選択して、

カードを受け取るだけ。

あとは、グリーン車に乗ってゆったりと目的地まで移動するだけですね。

グループ旅行や家族旅行の際の参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

グリーン車のレポートはこちら。

●その他の普通列車グリーン車関連のレポートはこちら。

【ご存知でしたか?】東海道線と横須賀線・総武快速線は「通し」でグリーン券を購入することが出来ます。「途中下車」も可能!

【3/16ダイヤ改正】普通列車グリーン車の料金体系が変わりました!

 

- おすすめレポート -
Recommended

【鉄ぱん】10月14日の「鉄道の日」に合わせて「鉄ぱんシリーズ」第二弾デザインボクサーパンツを販売開始!

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

大阪メトロでは2024年度末の顔認証改札機のお客さま利用開始に向けて顔認証改札機を設置しています。

日本食堂時代からのパッケージ!「ミックスサンド」を食べてみた。

南海なんば駅構内の南海電鉄の社員食堂「難波給食場」を利用してみた。

【ご注意】京成中山駅の改札口が上りホーム側から下りホーム側に変わります!

More