大井川鐡道車両紹介 旧東急、旧近鉄、旧南海からきかんしゃトーマスまで

大井川鐡道には機関車トーマス以外にも個性的な車両がたくさん走っております。

今回はその車両たちをご紹介。

まずは主力の南海21000系。

車内はボックスシートと車端はロングシートの組み合わせ。

そして東急7200系。

こちらの車内はロングシートのみになります。

つり革に東急Bunkamuraの広告が入っているのが懐かしいですね。

おすすめは「かぶりつき」。前面の窓が大きいので前面眺望を楽しめます。

個人的なオススメ車両は近鉄16000系。

理由は何といってもこの車内。

回転式シートで2名や4名に柔軟に対応できます。

そして何より旅情を感じることが出来ますよね。

一方客車はさらにレトロ。

こうしてEL(電気機関車)やSL(蒸気機関車)が引っ張る客車は

本当にレトロ感満載の車両です。

車内にはエアコンがなく、扇風機で暑さをしのぎます。

また客車内も窓側にテーブルが無い客車と、

テーブルがある客車があったりと、

それぞれの車両での時代の違いを楽しむことが出来ますよ。

そして大トリはもちろん「きかんしゃトーマス」。

こちらは4名のボックス席。ただしこちらもエアコンはありませんので水分補給は必須ですよ。

またトーマス号は車両ごとにヘッドカバーが違いますので、そちらも楽しんでみてはいかがでしょうか。

機関車トーマス車両レポートの詳細はこちら。

いかがでしたか。

大井川鐡道はトーマスだけでなく、個性的な車両がたくさん集まっている鉄道会社です。

ぜひ皆さんも「名車」に会いに出かけてみませんか。

参考になれば幸いです。

というわけで、よい「鉄分」を!

機関車トーマス乗車レポートはこちら。

千頭駅のトーマスフェアレポートはこちら。

新金谷駅の「トーマスの整備工場」見学レポートはこちら。

- おすすめレポート -
Recommended

【JR四国】子どもが楽しめるアンパンマン列車おすすめランキング!

【子供連れ】未就学児はグリーン券やきっぷがなくても座れる?おすすめの普通列車のグリーン席は?

- 人気レポート -
Popularity

【家族連れ】休日の長野新幹線は「はくたか」「かがやき」よりも「あさま」自由席がおすすめ!

しなの鉄道 ろくもんを楽しむための10のポイント

- 新着レポート -
New Articles

特急「しまかぜ」最前列プレミアムシート体験レポート

江ノ電の「かぶりつき」は子どもにも優しい設計!

【12月27日ラストラン!】伊予灘ものがたり道後編でアフタヌーンティーと「おもてなし」を堪能!

【駅探訪】東京メトロ東西線妙典駅から妙典公園、深川検車区行徳分室までトレインビュー散歩

More